« チェルシー、判定覆りDFテリーがマンU出場が可能に! | トップページ | FA、マンUファーガソン監督の問題発言を調査へ »

2008年9月18日 (木)

チェルシー、CL4−0勝利も指揮官はご立腹

Scolari critical despite victory
 16日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ初戦でボルドーに4−0で快勝を収めたチェルシーだが、スコラーリ監督は試合内容にご立腹のようす。

 スコラーリ監督は試合後に、

 「我々は後半に多くのミスを犯した。相手にボールを持たせすぎて、試合をコントロールすることが出来なかった。全く機能していなかったよ」

 「相手が違うチームだったら痛い目にあっていただろう。もっと技術があってゴールに向かってくるチームだったらね」

 「2−0でリードして前半を終えたのなら、ボールをキープして試合をコントロールしなければならない。5−0で勝つ必要なんてないんだよ」とコメントしている。


チェルシー '07-'08 (ホーム) 半袖ユニフォーム インポート 2008チャンピオンズリーグファイナル仕様

|

« チェルシー、判定覆りDFテリーがマンU出場が可能に! | トップページ | FA、マンUファーガソン監督の問題発言を調査へ »

チャンピオンズリーグ&UEFA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/23830901

この記事へのトラックバック一覧です: チェルシー、CL4−0勝利も指揮官はご立腹:

« チェルシー、判定覆りDFテリーがマンU出場が可能に! | トップページ | FA、マンUファーガソン監督の問題発言を調査へ »