« チェルシー、CL4−0勝利も指揮官はご立腹 | トップページ | CLグループリーグ第1節、結果(17日)マンU&アーセナルはドロー発進 »

2008年9月18日 (木)

FA、マンUファーガソン監督の問題発言を調査へ

FA to look into Ferguson remarks
 FAはマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が、チェルシーのDFジョン・テリーの3試合出場停止の判定が覆ったことに関して、イングランド審判委員会のゼネラル・マネージャー、キース・ハケット氏に対して、

 

「ハケットは、マーク・ハルシー(マンC対チェルシー戦を裁いた主審)に、『テリーへのレッドカードを無効にするよう』要求した」と発言し、このコメントの関して調査を進めることを明らかにした。

 また、ファーガソン監督は続けて、

 「退場したのがマンUの選手だったら、ハケットは同じような決断(レッドカード取り消し)はしなかっただろう」とも述べている。

 これらの問題に関してFAは真相を明らかにし、ファーガソン監督に非が認められれば、罰金処分を検討しているもよう。

|

« チェルシー、CL4−0勝利も指揮官はご立腹 | トップページ | CLグループリーグ第1節、結果(17日)マンU&アーセナルはドロー発進 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/23831077

この記事へのトラックバック一覧です: FA、マンUファーガソン監督の問題発言を調査へ:

« チェルシー、CL4−0勝利も指揮官はご立腹 | トップページ | CLグループリーグ第1節、結果(17日)マンU&アーセナルはドロー発進 »