« 薬物違反のムトゥがチェルシーへの賠償問題でスポーツ仲裁裁判所に助けを求める | トップページ | W杯アフリカ予選、結果(7日)イングランドがジョー・コールの2発で白星スタート! »

2008年9月 8日 (月)

イングランド代表、MFジェラードが代表でのポジションに不満

England role frustrates Gerrard
 足の付け根の怪我により7日に行われたW杯予選の初戦(アンドラ戦)を欠場したリバプールのイングランド代表MFスティーブン・ジェラード(28)が、イングランド代表で起用されているポジションにずっと不満を抱えていることを明らかにした。

 ジェラードは英紙『サンデー・タイムス』で、

 「私はイングランド代表として出場した68試合で、5試合しか好きなポジションでプレーさせてもらっていない」

 「まぁ何処のポジションをやらされても、恥じなくプレー出来ることは自分でも評価しているつもりだけどね」

 「チームメイトも何も言わない、なぜなら彼らには出来ないことだからね。私はカカやロビーニョのように右サイド左サイドで自由にプレー出来ない。サイドのポジションを与えられた時は、100%全力を出し切って指示を全うするだけだ」

 「全てのイギリス人監督は私がどのポジションでプレーするのを好んでいるかを知っている」と不満をあらわにした。

 なお、ジェラードはセントラルミッドフィールダーとしてコンビを組むパートナーとして、攻撃的なランパードやスコールズといったタイプではなく、ニッキー・バットのような守備的な選手を好むことも明らかにしている。

|

« 薬物違反のムトゥがチェルシーへの賠償問題でスポーツ仲裁裁判所に助けを求める | トップページ | W杯アフリカ予選、結果(7日)イングランドがジョー・コールの2発で白星スタート! »

イングランド代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/23596112

この記事へのトラックバック一覧です: イングランド代表、MFジェラードが代表でのポジションに不満:

« 薬物違反のムトゥがチェルシーへの賠償問題でスポーツ仲裁裁判所に助けを求める | トップページ | W杯アフリカ予選、結果(7日)イングランドがジョー・コールの2発で白星スタート! »