« ポーツマス、FWニュージェントが二度目の手術で2ヶ月離脱へ | トップページ | ウェストハム、MFクエイシーが期限付きでバーミンガムへ移籍か? »

2008年10月 9日 (木)

リバプール、DFキャラガーは給料の限度額設置を支持

Carra supports wage cap
 水曜日にFAのロード・トリーズマン会長が選手の給料の高騰を防ぐために限度額の設置が必要となるかもしれないと警告したのを受け、リバプールの元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー(30)はその案を支持する姿勢を見せた。

 キャラガーは、

 「僕が引退したときに取り入れてもらいたいね!」と、ジョークを飛ばしながら、

 「給料限度額の設置がチームの崩壊を防ぐことになるかどうかだけど、僕は絶対そうなると思うよ」

 「一番大事なのはフットボールクラブだからね」と、コメントした。

 給料限度額は1960年代に選手側が反感を表したことで廃止されたが、このことが現在は選手の給料の高騰につながってしまっている。

 Written by Marek

|

« ポーツマス、FWニュージェントが二度目の手術で2ヶ月離脱へ | トップページ | ウェストハム、MFクエイシーが期限付きでバーミンガムへ移籍か? »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/24382788

この記事へのトラックバック一覧です: リバプール、DFキャラガーは給料の限度額設置を支持:

« ポーツマス、FWニュージェントが二度目の手術で2ヶ月離脱へ | トップページ | ウェストハム、MFクエイシーが期限付きでバーミンガムへ移籍か? »