« WBA、マジョルカのFWトレホへの興味は変わらず | トップページ | リバプール、DFキャラガーは給料の限度額設置を支持 »

2008年10月 9日 (木)

ポーツマス、FWニュージェントが二度目の手術で2ヶ月離脱へ

Nugent suffers injury setback
 1月にヘルニアの手術を受けたポーツマスの元イングランド代表FWデイヴィッド・ニュージェント(23)が再び手術を受け今後2ヶ月間戦列を離れるもよう。

 ポーツマスのハリー・レドナップ監督は、

 「デイヴィッドはヘルニアの手術を受けた。彼は落ち込んでいるよ」

 「今シーズンが始まってからまだプレーしていない」

 「再び問題が起きてしまって彼は手術のためにロンドンへ行かなくてはならなくなってしまった。今回は上手くいってくれると願おう」

 「残念だよ。様子を見ていくしかない」と、コメントした。

 ニュージェントは2007年にプレストン・ノースエンドから鳴り物入りで入団したイングランド期待の若手ストライカーだったが、ポーツマスではインパクトを残せず苦しんでいる。

 Written by Marek

サッカーショップ加茂 スペイン代表EURO優勝記念Tシャツ

|

« WBA、マジョルカのFWトレホへの興味は変わらず | トップページ | リバプール、DFキャラガーは給料の限度額設置を支持 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/24382772

この記事へのトラックバック一覧です: ポーツマス、FWニュージェントが二度目の手術で2ヶ月離脱へ :

« WBA、マジョルカのFWトレホへの興味は変わらず | トップページ | リバプール、DFキャラガーは給料の限度額設置を支持 »