« エヴァートン、モイーズ監督が契約更新へ! | トップページ | ポーツマス、DFキャンベルへの差別発言をFAに報告 »

2008年10月 6日 (月)

ウェストハム、ゾラ監督はFWベラミーの個性を尊重

Zola sings Bellamy's praises
 ウェストハム・ユナイテッドのジャンフランコ・ゾラ新監督が、過去に数々のトラブルを引き起こしてきたウェールズ代表FWクレイグ・ベラミーに対する考えを述べた。

 ゾラ監督は、

 「クレイグの性格に問題は無いよ。彼に彼特有の個性があることは認識している。強烈な個性があることをね。でも私は彼に変われとは言わないよ」

 「本当に彼にはピッチ上でしっかりプレーしてもらいたいし他の選手とも仲良くしてもらいたい」

 「彼自身もそのことを理解していると信じている。今現在彼はそうしているし非常に上手くやっているよ」

 「勝つチームを作りたければ強烈な個性を持った選手が必要なんだよ。彼らが前向きな個性を持っている限り、私は全く気にしない」と、コメントした。

 過去に選手や監督との確執、暴行事件などピッチ内外で問題を抱えてきたベラミーは、昨季に自身の出場機会を奪ったそけい部の怪我の手術から順調に回復して今季に臨んでいる。

 飛びぬけたスピードを誇り、トラブルも抱えることもしばしば。ノーリッジ、コベントリー、ニューカッスル、セルティック、ブラックバーン、リバプールを渡り歩いたさすらいのストライカー、クレイグ・ベラミーのプレーは以下をクリックしてご覧ください。

 (動画)http://jp.youtube.com/watch?v=DDez6D7OYkU

 Written by Marek


ジャンフランコ・ゾラ 直筆サインメモラビリア

|

« エヴァートン、モイーズ監督が契約更新へ! | トップページ | ポーツマス、DFキャンベルへの差別発言をFAに報告 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/24304929

この記事へのトラックバック一覧です: ウェストハム、ゾラ監督はFWベラミーの個性を尊重:

« エヴァートン、モイーズ監督が契約更新へ! | トップページ | ポーツマス、DFキャンベルへの差別発言をFAに報告 »