« チェルシー、FWドログバが自伝中の問題発言による罰則を逃れる | トップページ | ニューカッスル、ジェノアがFWオーウェンへの関心を否定 »

2008年10月27日 (月)

ストーク、GKソーレンセンがトッテナムDFハットンの謝罪を受け入れ

Sorensen accepts Hutton apology
 先週末の試合でトッテナムのDFアラン・ハットンとの衝突で右目の下に15針を縫う怪我を負い、深刻な怪我になる可能性があるとのことで同選手を非難していたストーク・シティのデンマーク代表GKトーマス・ソーレンセン(32)だが、ハットンの迅速な謝罪を受けてコメントを残した。

 ソーレンセンは、

 「当然謝罪は受け入れるよ。彼に対して個人的な敵意は持っていないよ。ただ一つ言っておきたいことは時には少し気をつける必要があるよってことだよ」

 「彼は私への衝突を避けることができたと思う。言いたいことはそれだけだよ」

 「これがフットボールだってことも、彼に私を傷つける悪意がなかったことも分かってる。だからこの件に関して彼とはもう問題ないんだ」と、コメントした。

 Written by Marek

|

« チェルシー、FWドログバが自伝中の問題発言による罰則を逃れる | トップページ | ニューカッスル、ジェノアがFWオーウェンへの関心を否定 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/24779428

この記事へのトラックバック一覧です: ストーク、GKソーレンセンがトッテナムDFハットンの謝罪を受け入れ:

« チェルシー、FWドログバが自伝中の問題発言による罰則を逃れる | トップページ | ニューカッスル、ジェノアがFWオーウェンへの関心を否定 »