« トッテナム、シャーウッド氏にコーチ就任を要請 | トップページ | Skill Skool、"ストーク・シティ編" »

2008年10月28日 (火)

マンU、バッジにキスのFWルーニーがFAからの処分を免れる

Rooney to escape FA investigation
 25日に行われた対エヴァートン戦で、マンUのイングランド代表FWウェイン・ルーニー(23)が、試合中に古巣エヴァートンサポーターに野次られたことに腹を立て、マンUのエンブレムにキスをしてクラブへの忠誠を示し、相手サポーターを故意に挑発して主審から注意を受けたが、FAはこの行動に対して何も処分を検討しないことを明らかにした。

 ルーニーは試合後半に相手MFアルテタに遅れてファウルに行った際にイエローカードを受けると、ルーニーを裏切り者扱いしている一部のエヴァートンサポーターから大ブーイング。 それを挑発するかのように同選手はマンUのバッジにキスをしたことが問題となっていた。

 なお、ファーガソン監督はこのプレーの後すぐにルーニーをベンチに下げ、同選手は混乱を避けるかのように試合途中で控え室へ戻った。


ウェイン・ルーニー直筆サインメモラビリア

|

« トッテナム、シャーウッド氏にコーチ就任を要請 | トップページ | Skill Skool、"ストーク・シティ編" »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/24807525

この記事へのトラックバック一覧です: マンU、バッジにキスのFWルーニーがFAからの処分を免れる:

« トッテナム、シャーウッド氏にコーチ就任を要請 | トップページ | Skill Skool、"ストーク・シティ編" »