« チェルシー、DFアシュリー・コールがCLローマ戦を欠場へ | トップページ | アーセナル、トッテナムの名将ラモス監督解任を悔やむベンゲル監督 »

2008年11月 4日 (火)

マンC、ヒューズ監督の移籍構想はいかに?

Hughes plans transfer targets
 今後2週間の内に来年1月の移籍市場について話し合いにクラブのオーナーであるアブ・ダビ・ユナイテッド・グループを訪れるとみられているマンチェスター・シティのマーク・ヒューズ監督(45)が補強方針に関してコメントを残した。

 ヒューズ監督は、

 「獲得候補と選手獲得方針はすでにオーナーの方々に伝えてある」

 「だから今回はそれに沿ってより発展的な話し合いを持つ予定だよ」

 「我々がすでに備えている質にさらに付け足して質を高める計画を立てている。細かな事を考えていくつもりではない。私は獲得候補全員に関心を伝えるなんてことはしたくない。それは間違ってるよ」

 「正直なところ全てのポジションにおいて補強を目指しているよ。質の高い選手を連れてくれば実現できるだろう」

 「私はいつもチームのバランスを重視していると言っているよね。例えば私がここに来たとき9人か10人ストライカーがいた」

 「我々はそれを適度に調節した。現在は他のポジションでも同様に取り組む必要がある」

 「トレーニングの度に選手を評価しているよ」

 「ここにいる選手みなに大きなチャンスが与えられている。彼らがそれを理解していれば、そのチャンスをつかみここで長くやっていくことができるよ。たとえ我々がクラブに誰を連れて来ようとね」

 「良いプレーをしていればここでの未来が待っている。スティーヴン・アイルランドが一番良い例だね」と、コメントした。

 Written by Marek

|

« チェルシー、DFアシュリー・コールがCLローマ戦を欠場へ | トップページ | アーセナル、トッテナムの名将ラモス監督解任を悔やむベンゲル監督 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/25025620

この記事へのトラックバック一覧です: マンC、ヒューズ監督の移籍構想はいかに?:

« チェルシー、DFアシュリー・コールがCLローマ戦を欠場へ | トップページ | アーセナル、トッテナムの名将ラモス監督解任を悔やむベンゲル監督 »