« ハル、ブラウン監督が渦中のストークを擁護 | トップページ | トッテナム、元イングランド代表FWレス・ファーディナンド氏がコンサルタントとして復帰! »

2008年11月 7日 (金)

マンC、MFマルティン・ペトロフが手術濃厚で長期離脱の恐れ

Hughes concedes Petrov fears
 先月の代表召集中に膝を負傷したマンチェスター・シティのブルガリア代表MFマルティン・ペトロフ(29)には手術が必要となる見込み。手術が必要と判断されれば同選手は4ヶ月の離脱を余儀なくされるようす。

 マンチェスター・シティのマーク・ヒューズ監督は、

 「マルティンは専門医の診察を受けにスペインへ戻るよ」

 「彼のシーズンが終わったわけではない。しかし離脱期間はかなり長いものになるかもしれない。だいたい3、4ヶ月だろう」と、コメントした。

 一方9月からそけい部の怪我により戦列を離れていたイングランドU-21代表マイケル・ジョンソン(20)はトレーニングに参加できるほど回復しているもよう。

 Written by Marek

|

« ハル、ブラウン監督が渦中のストークを擁護 | トップページ | トッテナム、元イングランド代表FWレス・ファーディナンド氏がコンサルタントとして復帰! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/25109596

この記事へのトラックバック一覧です: マンC、MFマルティン・ペトロフが手術濃厚で長期離脱の恐れ:

« ハル、ブラウン監督が渦中のストークを擁護 | トップページ | トッテナム、元イングランド代表FWレス・ファーディナンド氏がコンサルタントとして復帰! »