« エバートン、若手FWヴォーンが再び膝を手術へ | トップページ | アーセナル、新CEOにMLSコミッショナー代理を招聘! »

2008年11月26日 (水)

アーセナル、キャプテン失格のDFギャラスは残留へ

Gallas to stay at Arsenal - agent
 先日、アーセナルのベンゲル監督からキャプテン失格の烙印を押されたフランス代表DFウィリアム・ギャラス(31)だが、代理人のメンディー氏は同選手の残留を主張した。

 メンディー氏は先日話題となったギャラスがチームメイトを批判したという記事に触れ、

 「ウィリアムがきちんとした弁明をしなかったのが、英国メディアの格好の的になったのだろう」

 「彼らはバーミンガム戦でウィリアムが行なったジェスチャーを見逃さなかった。そして彼らはギャラスをアーセナルから追放するように書き立てたんだ」

 「しかし、それは全くの間違いだよ」

 「彼はメディアから批判を受け止め、今はもう何も考えていない」とコメントしている。

 アーセナルではギャラスに代わって、10歳年下のスペイン代表MFセスク・ファブレガス(21)が新主将に任命されている。

|

« エバートン、若手FWヴォーンが再び膝を手術へ | トップページ | アーセナル、新CEOにMLSコミッショナー代理を招聘! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/25669621

この記事へのトラックバック一覧です: アーセナル、キャプテン失格のDFギャラスは残留へ:

« エバートン、若手FWヴォーンが再び膝を手術へ | トップページ | アーセナル、新CEOにMLSコミッショナー代理を招聘! »