« トッテナム、FWドス・サントスが手術を逃れるも1ヶ月の離脱 | トップページ | マンU、MFハーグリーブスが今季絶望! »

2008年11月12日 (水)

プレミア屈指のストライカーFWアンディ・コールが引退

Cole calls time on career
 ニューカッスル、マンU、ブラックバーン、フラム、マンCを渡り歩き、現在FWアラン・シアラーに続きプレミアリーグ通算得点ランク2位につけているプレミアを代表する元イングランド代表FWアンディ・コールが引退を発表し、19年もの輝かしい選手生活に幕を下した。

 双方の合意により今季4ヶ月を過ごしたノッティンガム・フォレスト(2部)を退団したばかりのアンディ・コールは、

 「理想的な終わり方ではないね」

 「上手く行かなかっただけだよ。最初からベンチに座りに行くのではないと彼らには話していた。交代要員とか簡単に金を稼いでいるとか思われたくなかったからね」

 「そこに行きたかったからオファーした。だが最初から間違っていたよ。私の役割が何なのか全く分からなかった。手を借りたかったのか、私の経験を活かしたかったのか、またはより多くシーズンチケットを売るためのPRに使われたのかね」

 「監督は私と会話を持とうとしなかったように感じる。言葉が悪いかもしれないが、何か私におびえているようだったね」

 「ただフォレストに正直になってほしかっただけだよ。私は常に自分のキャリアに対して正直だったよ。正直過ぎたのかもね」

 「事を変えるつもりは全くない。私は夢を生きてきたよ」と、コメントした。

 アンディ・コールは今後コーチの道を目指すとみられており、すでにブラックバーンが興味を示しているとの噂がある。

 Written by Marek

|

« トッテナム、FWドス・サントスが手術を逃れるも1ヶ月の離脱 | トップページ | マンU、MFハーグリーブスが今季絶望! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/25258128

この記事へのトラックバック一覧です: プレミア屈指のストライカーFWアンディ・コールが引退:

« トッテナム、FWドス・サントスが手術を逃れるも1ヶ月の離脱 | トップページ | マンU、MFハーグリーブスが今季絶望! »