« トッテナム、DFハットンが全治5か月 | トップページ | チェルシー、敏腕スカウトのアーネセン氏がデンマーク代表監督就任に意欲!? »

2008年11月27日 (木)

ポーツマス、FWデフォー&MFディアラに手術の必要はナシ

Fitness boost for Defoe & Diarra
 怪我により手術の必要性が懸念されていたポーツマスのイングランド代表FWジャーメイン・デフォー(26)と、フランス代表MFMFラッサナ・ディアラ(22)だが、専門医の診断の結果、共に手術の必要性は無くなった。

 ポーツマスのアダムス監督は、

 「先のことを考えると、とても良かったよ」とコメントしている。

 デフォーはふくらはぎに痛みを感じており、手術を受ければ1ヶ月前後の離脱が予想されていたが、すでに練習に復帰し、早ければ29日のブラックバーン戦に間に合うもよう。

 なお、ディアラは足首を負傷しており、復帰まで4週間前後かかる見込み。 

|

« トッテナム、DFハットンが全治5か月 | トップページ | チェルシー、敏腕スカウトのアーネセン氏がデンマーク代表監督就任に意欲!? »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/25689934

この記事へのトラックバック一覧です: ポーツマス、FWデフォー&MFディアラに手術の必要はナシ:

« トッテナム、DFハットンが全治5か月 | トップページ | チェルシー、敏腕スカウトのアーネセン氏がデンマーク代表監督就任に意欲!? »