« ストーク、ロングスロー職人DFデラップがラストスローか? | トップページ | ブラックバーン、新監督に"ビックサム"が就任! »

2008年12月19日 (金)

エバートン、若手FWヴォーンが再び膝を手術へ!

Vaughan undergoes surgery on knee
 今年始めにアメリカに渡り、膝治療の権威であるリチャード・ステッドマン氏から左膝の手術を受けた、エバートンのU-21イングランド代表FWジェームス・ヴォーン(20)だが、先月末の練習中に今度は右膝に違和感を訴え、再び手術を受けることになった。

 エヴァートンのフィジオを務めるニック・ラズボーン氏は、

 「彼が今シーズン中に復帰できることを願うよ」とコメントしている。

 ヴォーンは2005年4月10日に行なわれたクリスタル・パレス戦で、17歳271日という若さでプレミアリーグを果たすと、その試合でいきなりゴールを決め、ジェームス・ミルナー(現アストンヴィラ)の持つプレミアリーグ最年少得点記録を塗り替えた。 なお、現在もその記録は破られていない。

【サッカーショップ加茂】クラブワールドカップ マンチェスターユナイテッドのグッズはこちら!

|

« ストーク、ロングスロー職人DFデラップがラストスローか? | トップページ | ブラックバーン、新監督に"ビックサム"が就任! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/26312764

この記事へのトラックバック一覧です: エバートン、若手FWヴォーンが再び膝を手術へ!:

« ストーク、ロングスロー職人DFデラップがラストスローか? | トップページ | ブラックバーン、新監督に"ビックサム"が就任! »