« トッテナム、マンUの控えGKフォスター獲得への動きを否定 | トップページ | 移籍解禁のロシア代表エースFWアルシャビンの希望はバルサ、マンU、チェルシー! »

2008年12月18日 (木)

トッテナム、レアルのラモス監督がFWパブリュチェンコ獲得を画策!?

Real coach Ramos planning to raid former club Spurs for Pavlyuchenko
 今季トッテナム・ホットスパーから監督を解任されるもスペインのレアル・マドリード新監督へ電撃就任を果たしたファンデ・ラモス監督が1月移籍市場でのトッテナムのロシア代表FWロマン・パブリュチェンコ(27)強奪を狙っているとみられている。

 レアル・マドリードはエースのFWファン・ニステル・ローイが今季絶望の負傷に見舞われたため、ラモス新監督は緊急の代役を探している。

 またパブリュチェンコもレアル行きへの夢を胸に秘めているようすで、前所属クラブのスパルタク・モスクワでプレーしていた頃には、

 「もし彼ら(レアル)がオファーしてきたらもちろん行くよ。彼らはヨーロッパ全クラブの中でも一番気に入ってるクラブなんだ。それに僕はスペインのリーガ・エスパニョーラだけを目指してきたからね。彼らのプレースタイルは熟知しているよ」と、コメントしていた。

 また、トッテナムのハリー・レドナップ監督がウェストハムのDFマシュー・アップソン、GKロバート・グリーン獲得資金確保に向けてパブリュチェンコの移籍を容認するのではないかとの噂もある。

 長身を生かしたダイナミックなプレーで前線の基点となり、絶妙なムーブメントと抜群の嗅覚で数多くの決定機を手にする生粋のストライカー、ロマン・パブリュチェンコのプレーは以下をクリックしてご覧ください。

 Written by Marek

【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!

|

« トッテナム、マンUの控えGKフォスター獲得への動きを否定 | トップページ | 移籍解禁のロシア代表エースFWアルシャビンの希望はバルサ、マンU、チェルシー! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/26281428

この記事へのトラックバック一覧です: トッテナム、レアルのラモス監督がFWパブリュチェンコ獲得を画策!?:

« トッテナム、マンUの控えGKフォスター獲得への動きを否定 | トップページ | 移籍解禁のロシア代表エースFWアルシャビンの希望はバルサ、マンU、チェルシー! »