« ブラックバーン、インス監督は退団の噂にも動じず | トップページ | トッテナム、FWドス・サントスが復帰間近 »

2008年12月15日 (月)

トッテナム、居場所を失ったMFボーテングが1月の移籍を望む

Boateng eager for Spurs exit
 昨季ドイツのヘルタ・ベルリンから540万ポンドでトッテナム・ホットスパーに加入したものの、出場機会の少ないドイツU-21代表MFケヴィン・プリンス・ボーテング(21)が不遇の日々に耐えかねている。

 ボーテングは、

 「僕には素質がある。でも確実にロンドンでの将来はない」

 「トッテナムはモドリッチ、ベントリー、パブリュチェンコと契約して僕に居場所はない」

 「明らかに僕はファンで・ラモス(前トッテナム監督)の信頼を勝ち取れていなかった。彼は僕を公平に扱ってはくれなかったけどね」

 「それにマルティン・ヨル(元トッテナム監督)も僕を求めてはくれていなかった。ダミアン・コモッリ(元トッテナム・フットボール・ディレクター)は僕を欲しがってくれて移籍を後押ししたけどね」と、コメントした。

 ボーテングは昨季7試合に先発出場。今季はレドナップ新監督政権下で2試合に途中出場したのみ。

 Written by Marek

|

« ブラックバーン、インス監督は退団の噂にも動じず | トップページ | トッテナム、FWドス・サントスが復帰間近 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/26203720

この記事へのトラックバック一覧です: トッテナム、居場所を失ったMFボーテングが1月の移籍を望む:

« ブラックバーン、インス監督は退団の噂にも動じず | トップページ | トッテナム、FWドス・サントスが復帰間近 »