« アーセナル、ゼニトのロシア代表FWアルシャビンへのオファー失敗! | トップページ | プレミアリーグ、結果(11日、12日)マンUがチェルシーに快勝!首位に迫る »

2009年1月13日 (火)

リバプール、ベニテス監督はファーガソン監督非難に後悔なし!

No regrets from Rafa
 金曜日にマンチェスター・ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督を痛烈に批判し、翌日のストーク戦で勝ち点3を逃したリバプールのラファエル・ベニテス監督が試合後にコメントを残した。

 ベニテス監督は、

 「20年もの間誰もこれを言うことができなかった。だがたぶん多くの人が私と同じことを考えていると思う。私は発言したことを後悔していない」

 「多くの人が、私ではないが我々のスタッフそして多くのリバプールの人々に多くのメッセージを送ったんだ。誓ってもいい。みんなが言いたいことを言うのは1人なんだ」

 「だが私は人々がどう思うのかは考えていなかった。私のクラブ、今シーズンのリバプールに対するファーガソン氏のコメントについて考えていた。理由は理解してもらえると思うよ」と、コメントした。

 また、ファーガソンは神経質になっていると思うかと尋ねられ、

 「たぶん少し恐れているよ」と、応えた。

 また、日曜日に行われるマンU対チェルシー戦に関して、

 「試合結果を変えることはできない。だから家に残ってテレビで観て楽しむことになるよ」

 「両チームが勝つことができないのは確かだ。どうなるのか見ていくことになる。引き分けが完璧な結果だろうね」

 「私は彼(ファーガソン監督)のことを今はもう5年間も知っているし、みんな彼は心理戦をすると言う。私はまだ早すぎると思うよ」

 「彼はリバプールのことを考えすぎている。彼は彼自身のチームのこと、彼らが抱えている問題のこと、彼らが進めている全てのことについて考えなければならない」

 そして、0-0の引き分けに終わった土曜日のストーク戦について、

 「試合には上手く入れた。最初の20、25分間はしっかりポゼッションができていた」

 「その後は彼らに自信とともにフリーキックとコーナーという希望を与えてしまった。後半は五分五分だった」

 「この手の試合、ボールより後ろに選手を配置してでしっかり働くチームを相手にするのは難しいんだ」

 「スペースを見つけて多くのチャンスをつくるのは簡単ではないよ。だが私たちが未だにリーグのトップというすばらしい位置にいることもまた大事だよ」と、コメントした。

 Written by Marek

|

« アーセナル、ゼニトのロシア代表FWアルシャビンへのオファー失敗! | トップページ | プレミアリーグ、結果(11日、12日)マンUがチェルシーに快勝!首位に迫る »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/27090123

この記事へのトラックバック一覧です: リバプール、ベニテス監督はファーガソン監督非難に後悔なし!:

« アーセナル、ゼニトのロシア代表FWアルシャビンへのオファー失敗! | トップページ | プレミアリーグ、結果(11日、12日)マンUがチェルシーに快勝!首位に迫る »