« アーセナル、クラブ史上最高額でロシア代表FWアルシャビン獲得間近! | トップページ | プレミアリーグ、結果(17、18日)マンUが暫定首位に浮上! »

2009年1月19日 (月)

リバプール、ベニテス監督が新契約を断る!全権委託を要求!

Benitez rejects Reds deal
 先週新契約の期間と給料についてクラブと合意に至ったことを明らかにしていたリバプールのラファエル・ベニテス監督(48)が金曜日、リバプールとの新契約を拒絶した。

 ベニテス監督は、

 「オーナーの方々は監督の決定はCEOの支配下にある必要があると考えていらっしゃるようだ」

 「だが私が結果に左右され私たちのファンに従属していることは承知だ。この先やっていく上で彼らがベストの審査員だからね」

 「私には様々なクラブでの豊富なフットボールの経験がある。もしあなたが監督でテクニカルディレクターがいなかったら、あなたはフットボールに関する全ての決断をすることになる。ただし常にクラブのオーナーが決める予算の範囲内でね」

 「その状況なら監督は使える金額を知ることができ、チームの必要に応じて各選手にいくら払うべきか決めることができる」

 「チームの選手の価値を決めることができるのは監督だけだよ。監督こそがチームをさらに良くするためにどの要素が必要かを分かっているからね」

 「私とオーナーとの関係はみんなが思っているよりいいものだよ。定期的に連絡を取っている。特にトム・ヒックスとね。彼はいつも非常に協力的だ」

 「私の代理人とオーナー方のアドバイザーとの話し合いはとても前向きで友好的なものだよ。私たちの違いといえば責任の所在くらいだ」

 「もう一度言っておくが今回のことは給料の問題ではない。これはさらにお金を得るための手段ではない。これは完全に私の能力を最大限に生かしてリバプール・フットボール・クラブを監督させてもらうためのものだ」

 「このクラブにはまだ成長するのりしろがあると信じているし、私はただそれを生かせるよう手助けしたいだけなんだ。私は私の仕事を続けていくし、ファンが私に集中してほしいと思っていることに集中する。つまり、ファンのためにトロフィーを勝ち取るということだね」

 「このクラブに来たときから常に100%を尽くしてきた。これからもそうしていく」

 「月曜日夜にはエヴァートンとの非常に大事な一戦が待ち構えている。これだけに集中できることを本当に望んでいるよ」

 「アカデミーはクラブの将来のために大変重要なものだと信じている。契約期間についてはすでに合意に至っている。これは私がクラブに長期の責任を負っていることを意味しているよ」

 「私はアヤックスやレアル・マドリード、バルセロナ、ACミランやヴァレンシアのアカデミーのことを知っている。彼らは常にいい選手を輩出し続けている」

 「そこでシステムが上手く機能するということは監督が発展への材料を手にするということだ。これはここでも前進するための一手段になりうると思う。これがより地方出身の逸材を生かすのに役立てばと思っている」と、語った。

 Written by Marek

|

« アーセナル、クラブ史上最高額でロシア代表FWアルシャビン獲得間近! | トップページ | プレミアリーグ、結果(17、18日)マンUが暫定首位に浮上! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/27285707

この記事へのトラックバック一覧です: リバプール、ベニテス監督が新契約を断る!全権委託を要求!:

« アーセナル、クラブ史上最高額でロシア代表FWアルシャビン獲得間近! | トップページ | プレミアリーグ、結果(17、18日)マンUが暫定首位に浮上! »