« ポーツマス、11月以来勝利から遠ざかるもアダムス監督は前向き | トップページ | アーセナル、ベンゲル監督はMFロシツキーの回復具合に好感 »

2009年2月 9日 (月)

トッテナム、ラファ政権下のリバプールに馴染めなかったFWロビー・キーン

Keane - I could have been a hit
 昨夏にトッテナム・ホットスパーからリバプールに移籍したものの今冬移籍市場最終日に再びトッテナムに戻ってきたアイルランド共和国代表FWロビー・キーン(28)がリバプールへの未練を口にした。

 キーンは、

 「彼ら選手、ラファ、そしてスタッフが上手くいくことを願っているよ」

 「誰とも確執はない。私の移籍は大きすぎたし、私は人々と彼らがなすことに敬意を払いすぎた」

 「私はラファのチームの作り方、選手の選び方を尊敬してる。不運にも彼が好むフットボールスタイルにフィットできなかった」

 「私はあそこへ行ったが、あそこへ言った理由は何一つ意味を成さなかった。それだけだよ。監督が違っていたらたぶん上手くやっていけたかもしれない」

 「監督はどんなフットボールをしたいか考えを持っていて、そしてシステムを作り上げていく。私はそれにフィットできなかった。でも違う監督の下だったら上手くいっただろうと信じているよ」と、コメントした。

 ベニテス監督はキーンが自身の戦略に合わなかったこと、またキーンがリバプールでプレーすることのプレッシャーの中でもがいていたことを認めている。

 Written by Marek

|

« ポーツマス、11月以来勝利から遠ざかるもアダムス監督は前向き | トップページ | アーセナル、ベンゲル監督はMFロシツキーの回復具合に好感 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/27909271

この記事へのトラックバック一覧です: トッテナム、ラファ政権下のリバプールに馴染めなかったFWロビー・キーン:

« ポーツマス、11月以来勝利から遠ざかるもアダムス監督は前向き | トップページ | アーセナル、ベンゲル監督はMFロシツキーの回復具合に好感 »