« ウェストハム、MFパーカーが2013年まで契約延長 | トップページ | チェルシー、ヒディング兼任監督の来季続投の可能性は薄い! »

2009年2月15日 (日)

アーセナル、ベンゲル監督が2つの解任劇に苦言!

Sackings shocked Wenger
 アーセナルで12年間指揮を執り続けているアーセン・ベンゲル監督が、今週初めにチェルシーとポーツマスで起きた早すぎる監督解任劇に苦言を呈した。

 ベンゲル監督はかつてベンゲル監督の下でアーセナルの主将を務めたことのあるトニー・アダムス監督を今季途中の就任からわずか106日で解任したポーツマスについて、

 「私はトニー(・アダムス元ポーツマス監督)が将来すばらしい監督になると信じている。彼が必要なだけの時間を与えてもらったとは思えない」

 「衝撃的だった。こんなに早く大きな決断を下すとはね。彼にあの職を与えるという決断を下したとき、彼らはそこで1年半働いていた彼のことをよく知っていたはずだからね」

 「若い監督に大きな責任を課すときは時間を与えてあげないといけない」

 また日韓ワールドカップでブラジルを優勝に、EURO2004でポルトガルを準優勝に導いたルイス・フェリペ・スコラーリ監督を昨夏の就任から6ヶ月で解任したチェルシーについて、

 「スコラーリは名の知れた監督だが6ヶ月しか時間を与えてもらえなかった」

 「毎日そこで生活していない限りクラブ内での雰囲気がどうだったか知るのは無理だが、これもやはり衝撃的だ」

 「だがチェルシーではトップクラスの監督が解任されてもまたトップクラスの監督がやって来る」

 「ヒディングのことは高く評価している。いたるところで多大な成功を収めてきた。彼は長いキャリアを誇る。大きな存在だよ」

 また、4位のチェルシーと5ポイント差の5位につけているアーセナルについて、

 「私たちにはシーズン終了まで突出したパフォーマンスが要求される。それを成し遂げる方法はパフォーマンスに集中することだよ」

 「チェルシーがポイントを獲得すればアストン・ヴィラは落ちるだろう。全てが絡み合っている。だが私たちが安定していれば私たちはそこまで行ける」と、コメントした。

 Written by Marek

|

« ウェストハム、MFパーカーが2013年まで契約延長 | トップページ | チェルシー、ヒディング兼任監督の来季続投の可能性は薄い! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/28089455

この記事へのトラックバック一覧です: アーセナル、ベンゲル監督が2つの解任劇に苦言!:

« ウェストハム、MFパーカーが2013年まで契約延長 | トップページ | チェルシー、ヒディング兼任監督の来季続投の可能性は薄い! »