« ミドルズブラ、MFディガールが3ヶ月離脱へ! | トップページ | CL決勝T1回戦:1st-leg、結果(25日)チェルシーが先勝!リバプールも敵地でレアルを敗る! »

2009年2月26日 (木)

サンダーランド、キーン前監督がついに沈黙を破る!

Keane breaks silence on exit
 2006年の就任から瞬く間にサンダーランドをチャンピオンシップ(2部)優勝、プレミアリーグ昇格に導くも、昨年9月からクラブにアメリカ資本をもたらすようになった大株主、エリス・ショート氏との衝突で今季途中での解任を余儀なくされたロイ・キーン前サンダーランド監督が口を開いた。

 ロイ・キーン前監督は、

 「私が監督になったとき、ナイアル・クインは会長になった。どちらか一人がもう一人のため働いているのではなく、私たちは一緒に働いているとずっと信じていた。上手くいっていたよ。見せかけなんかじゃなくてね」

 「クラブのオーナーであるドゥルーマヴィル協会も正しかった。上手くいっていたよ。ドゥルーマヴィルとはやりやすかった」

 「試合後に彼らに会ったことは一度もなかった。だが彼らは私たちが合意したことに忠実だった。彼らは飛んできて、試合を観戦して、そしてまた拠点のアイルランドへ飛んで帰っていたよ」

 「ショートとはね。ナイアルと私は2,3回彼と会談の場を持ち、私は2度彼に会いにロンドンへ出向いた。そこで原動力が変わっていくと思ったよ。彼は私の本を読んだと言っていたよ」

 「彼は最初から私が彼とは合わないと考えていたように感じる。長い付き合いにはならないと彼は知っていたよ」

 「私が前日どこにいたのか把握しようとしだしたことからそれは始まった。彼は私に常時連絡が取れることを求めた」

 「(4−1で敗れたボルトン戦後)監督人生で2度目だったよ、呼び出しを無視したのは。失望そのものだった。7−1で破れたエヴァートン戦の後と同じようにね」

 「それからというもの非難を受けたよ。私が訪問した回数について。私の家族のサンダーランドへの引越しについて。あの調子ではね、こんなやつとじゃ熱意を捧げることなんてできなかった」

 「だから私の弁護士のマイケル・ケネディに電話して言ったよ、『マイケル、話さなければならない人と話してくれ。サンダーランドとは終わりだ』とね」

 またメンバーのやりくりについて

 「他に誰と契約を結ぶのか尋ねてきた選手がいたよ。そこで話して私のオフィスから出て行くように言うべきだった。だが彼と契約を結んだよ。頭数が必要だったからね」

 「だがチャンピオンシップから昇格し、私たちにはプレミアリーグ初挑戦の選手が13,4人いたよ」

 「プレーできるなら誰とでも契約を結ぶことになる。高く評価していない選手にも契約を渡すことになった。頭数が必要だったんだよ!」

 今後について、

 「アレックス・ファーガソンがやって来て言ったよ、『君が次に何をしようとしているのか全く分からない』とね」

 「彼はいったい私が何をしようとしていると思ったんだろうか?リュック背負ってメキシコ中を旅行するとか?私には5人の子供たちがいるんだよ。フットボールは私にとって欠かせないものだ。サンダーランドではただうんざりしただけだよ。成り行きが変わってしまっただけのこと。ただの物語のおしまいだよ」

 「引っ越すことはかまわない。どこに行ってもいいよ。チャンピオンシップのクラブを率いるのもいいだろう。マンチェスターにはとらわれない。私はコーク出身だからね」と、語った。

 Written by Marek

|

« ミドルズブラ、MFディガールが3ヶ月離脱へ! | トップページ | CL決勝T1回戦:1st-leg、結果(25日)チェルシーが先勝!リバプールも敵地でレアルを敗る! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/28378073

この記事へのトラックバック一覧です: サンダーランド、キーン前監督がついに沈黙を破る!:

« ミドルズブラ、MFディガールが3ヶ月離脱へ! | トップページ | CL決勝T1回戦:1st-leg、結果(25日)チェルシーが先勝!リバプールも敵地でレアルを敗る! »