« ポーツマス、MFペナントがふくらはぎ負傷でエヴァートン戦出場が微妙に | トップページ | ミドルズブラ、新鋭DFベイツは未だ新契約に至らず »

2009年3月20日 (金)

ブラックバーン、MFペデルセンがダイブを否定

Pedersen - I'm no cheat
 先日、土曜日のアーセナル戦にて、ペナルティエリア内で何の接触もなく倒れDFバカリ・サニャのファウルを主張するようにもみられるジェスチャーを示したブラックバーン・ローヴァーズのノルウェー代表MFモアテン・ガムスト・ペデルセン(27)が故意ではなく事故的に倒れたと弁明した。

 ペデルセンは、

 「ペナルティ(PK)ではなかったよ。あれは本来の僕じゃない」

 「写真を見てもらえれば僕は足が絡んで倒れたって事が分かるよ。かかとが足に当たって頭から倒れたんだ」

 「あの時あの場面でいろんなことが頭をよぎったんだ。いらいらしていてちょっと手を振ってしまったかもしれないね」

 「でもあれは明らかにペナルティじゃなかった。それにあとでサニャにもそう言ったよ」

 「審判がまっすぐに向かってきて、僕がダイブを試みたと彼が判断していたら(イエロー)カードを出すだろうなと思ったよ」

 「さっき言ったように僕はずるしてPKを得ようとなんかしていなかった。カードが出なかったことは正しいよ」と、コメントした。

 Written by Marek

|

« ポーツマス、MFペナントがふくらはぎ負傷でエヴァートン戦出場が微妙に | トップページ | ミドルズブラ、新鋭DFベイツは未だ新契約に至らず »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/28702241

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックバーン、MFペデルセンがダイブを否定:

« ポーツマス、MFペナントがふくらはぎ負傷でエヴァートン戦出場が微妙に | トップページ | ミドルズブラ、新鋭DFベイツは未だ新契約に至らず »