« トッテナム、骨折による6週間離脱をひどく悲しむMFモドリッチ | トップページ | マンU、MFフレッチャーはPKとられなくてちょっとラッキー! »

2009年8月31日 (月)

アーセナル、審判団がベンゲル監督への退席処分を謝罪へ!

Wenger to get apology
 土曜日のマンチェスター・ユナイテッド戦にて試合終了間際にオフサイド判定のために同点ゴールが認められず、苛立ちから空のボトルを蹴り飛ばしたために退席処分になったアーセナルのアーセン・ベンゲル監督がプレミアゲームマッチ審判委員会から当初分に関して謝罪を受けることになるようす。

 リーグ監督協会のリチャード・ベヴァン氏は、

 「『規則』上は正しいが、試合の流れを完全に無視したものだった」

 「キーズ・ハケット(プレミアリーグ審判長)に話したよ。彼はあれが誤りだったと完全に認識し、アーセン・ベンゲルへの謝罪がなされることになるよ」

 「リー・プロバート(第4審判)は完全に状況を判断し誤った。そしてビッグイベントが残り1分で終わるといったときに不必要に焦点をピッチ外に移してしまった」と、コメントした。

 当試合終了直前、リー・プロバート第4審判の忠告によりマイク・ディーン主審から退席処分を言い渡されたベンゲル監督はどこへ行けばいいのか分からぬまま、まずアーセナルのベンチ裏へ上り、その後試合終了のホイッスルが鳴り響く中タッチライン沿いを歩み去っていった。

 問題のシーンはこちら。

 Written by Marek


アーセナルFCサッカージュエリー今ならポイント10倍!◆アーセナルFCゴールドペ...

|

« トッテナム、骨折による6週間離脱をひどく悲しむMFモドリッチ | トップページ | マンU、MFフレッチャーはPKとられなくてちょっとラッキー! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/31185372

この記事へのトラックバック一覧です: アーセナル、審判団がベンゲル監督への退席処分を謝罪へ!:

« トッテナム、骨折による6週間離脱をひどく悲しむMFモドリッチ | トップページ | マンU、MFフレッチャーはPKとられなくてちょっとラッキー! »