« マンC、マンUファーガソン監督をからかうヒューズ監督 | トップページ | ウィガン、元チェルシー在籍のオーストリア代表GKマホをトライアルへ »

2009年9月20日 (日)

チェルシー、主将DFテリーはいつか愛するブルーズを指揮する側に!

Terry - I want to manage Blues
 絶対的なキャプテンとしてチェルシーをまとめるイングランド代表DFジョン・テリー(28)は引退後にチェルシー監督に就任することを目指し、すでに熱心に学んでいると語った。

 テリーは、

 「プレーを終えたらマネージメント側に回りたい。たとえそれが多大なプレッシャーのかかることだとしても」

 「チェルシーの監督になりたいんだ。それが自然の成り行きだよ。まっすぐに深いところまで行きたいと思ってる」

 「フットボールへの愛を持ってやりたいんだ。監督にはプレッシャーが襲い掛かってくるってことも、選手たちが悩みの種になるってことも承知でね」

 「プレーのキャリアってのは本当にすぐ終わってしまうんだ。年上の選手はいつもアドバイスしてくれるよ、『(指導者の)バッジを取れ、バッジを取れ』ってね。私もランパードもアシュリー・コールも目指しているものなんだ」

 「私たちはそのままBライセンスを取りにいくことになると思う。訓練後に子供たちのコーチをして、そうやってバッジを取ることになるだろう」

 「何人かの偉大な監督の元でプレーしてきた。トレーニングセッションのノートをとってあるんだよ。監督が私の納得のいかないことをしたときだってノートをとっている。そうすれば、あれはしないようにって覚えていられるんだよ。今はちょっとおかしく聞こえるかもしれないけど、そのうち役に立てばと思っているんだ」

 「モウリーニョがチェルシーにいたとき、よく彼とは離れてトレーニングセッションを任されていたんだ。フース・ヒディンクの元でもそうだった。それにチェルシーは記録を残しているんだ。だから私は毎回のトレーニングセッションで何をやったか振り返ることができるんだ。ファイルやそういったアイデアがすぐに使える状況にあるっていうのはうれしいことだよ。」

 「アイデアや感情を選手たちにも浸透させなきゃいけない。彼らはトレーニングピッチの上にいるんだからね。これはかなり重要なことだよ」

 「フィードバックを得て、フィードバックを選手たちに反映させていくことが不可欠だよ。いいトレーニングセッションができたときは選手たちは言うんだ、「今日はよかったね」って。そして話して、私はまっすぐにそれを書きとめて記録として残すんだ」

 「以前チェルシーにいたジャンフランコ・ゾラとスティーヴ・クラークも参考にしているんだ。彼らはウェストハムで高いレベルへステップアップしてる。チームに新しいアイデアをもたらしてね」

 「毎週ゾラと話すんだ。彼が何をやっているかがわかるんだよ。彼らも何人かの偉大な監督の元でプレーしてきたからね。そのことを活用しているんだよ」

 「今後5年間に渡っていろいろ吸収し続けていくことが本当に重要なんだ。でも正確にいつ移行するのかはわからない。35か36歳になるまではプレーしていたいんだ。どうなるか次第だけどね」

 「ディディエのような選手が新契約にサインしてくれることはものすごく大きいんだ。アシュリー・コールとランプス(ランパード)は昨季でも最高の2選手だよ。ものすごく重要な存在だ」

 「彼らとは毎日話して、それから私はクラブと話に行くんだ。つなぎ役としてね。そして事がうまくいくように努める。こういう選手を残留させる上でロマンやピーターのような人たちにかける圧力っていうのは本当に重要なんだ」

 「理想的にはクラブが彼らの残留を望んで選手たちも残留を望むっていうのがいいね。そうすれば部屋に集まるだけで解決できるからね。6ヶ月も7ヶ月も問題を引きずって選手とチームを不安定にするよりかははるかにいいよね」

 「そして、そうやって私が手助けになることができれば、チェルシーにとって大きいよね」と、コメントした。

 Written by Marek


【新商品/送料無料】 フランク・ランパード 直筆サイン入りフォトチェルシー2007-2008 "In Acti...

|

« マンC、マンUファーガソン監督をからかうヒューズ監督 | トップページ | ウィガン、元チェルシー在籍のオーストリア代表GKマホをトライアルへ »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/31452645

この記事へのトラックバック一覧です: チェルシー、主将DFテリーはいつか愛するブルーズを指揮する側に!:

« マンC、マンUファーガソン監督をからかうヒューズ監督 | トップページ | ウィガン、元チェルシー在籍のオーストリア代表GKマホをトライアルへ »