« ストーク、ピュリス監督は復活のFWキットソンに15ゴールを望む! | トップページ | マンC、ヒューズ監督は決勝点後DFガリー・ネヴィルの喜びようにご不満 »

2009年9月23日 (水)

アーセナル、『反フットボール』分子排除に向けベンゲル監督はFIFAとの話し合いを計画!

Wenger wants FA talks
 先月のマンチェスター・ユナイテッド戦後に『反フットボール』と称しながらしつこくファウルを繰り返して試合を止めるプレーを非難したアーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、そのような試合を壊すプレーの排除に向けFIFAとも話し合う構えを示した。

 ベンゲル監督は、

 「このことについて話し合うよう努めていくことになると思うよ。すでにUEFAの会議ではその件について話している」

 「特に特定の選手のことをいっているのではないが、私の目にはファウルを繰り返している選手がいて、いくらファウルを犯しても関係ないという風に見える。目に余るようなファウルをすればカードを受けるがね」

 「ただ審判は小さいファウルをしっかり見ていくべきだと思うんだ。3つ4つの小さなファウルをするごとにカードを受けるべきだよ。1つの目に余るファウルだけじゃなくてね」

 「もう普通のことだよ。ピッチ中央での小さなファウルだ。3対3,4対4で攻めていくときにそれが試合を壊すんだ。そして10対10の状況でフリーキックをするはめになるんだよ」

 「必死に作り上げたものが全て無になるんだ。そしてまた彼らは削り始めるんだ。あれはプレーを壊してしまうよ」

 「それはチームが国際的なレベルでやっていることだよ。私たちはそれをテクニカルファウルと呼ぶ。中盤で抜かれたらファウルを犯す」

 「リスタートすることになって、全員が戻る時間ができる。そうしたらみんながボールの前に立ちはだかるんだよ」と、コメントした。

 Written by Marek


アーセナルFCサッカージュエリー今ならポイント10倍!◆アーセナルFCゴールドペ...

|

« ストーク、ピュリス監督は復活のFWキットソンに15ゴールを望む! | トップページ | マンC、ヒューズ監督は決勝点後DFガリー・ネヴィルの喜びようにご不満 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/31486202

この記事へのトラックバック一覧です: アーセナル、『反フットボール』分子排除に向けベンゲル監督はFIFAとの話し合いを計画!:

« ストーク、ピュリス監督は復活のFWキットソンに15ゴールを望む! | トップページ | マンC、ヒューズ監督は決勝点後DFガリー・ネヴィルの喜びようにご不満 »