« アストン・ヴィラ、監督と衝突したMFレオ=コーカーがポーツマス戦を外れる! | トップページ | チェルシー、2011年にクロアチアから若手GKデラチ加入 »

2009年9月20日 (日)

マンC、FWアデバヨールへの不適切行為追求に抗議の構え!

City to contest Ade charge
 マンチェスター・シティのトーゴ代表FWエマヌエル・アデバヨール(25)は土曜日の古巣アーセナルとの一戦でゴールパフォーマンスとしてゴールとは反対側のアーセナルサポーターのいるアウェイスタンドまでまっしぐらに駆けて行き乱闘騒ぎを起こしかけたことをうけ不適切行為の追及をFAから受けているが、マンCのマーク・ヒューズ監督はこの追求に講義する姿勢を見せた。

 当追求に抗議するのかと問われヒューズ監督は、

 「ああ、我々は自分たちの主張をまとめる時間を得た。うちにはうちなりの見方があるし、より長い時間をもらったことで我々のこの件に対する考えを知ってもらうことができる」

 「アデバヨールが向き合わなければならなかった試合環境と批判、誹謗、中傷の言葉はよくなかった」

 「彼がかつてのチームメイトと相対するのはあれが初めてだった。そのチーム名との何人かは試合前に彼と握手しなかったよ。そういうこと全てがあって、たぶん誰かの試合中の精神状態に影響したんだろう」

 「明らかにあのゴールパフォーマンスはそのことから出たものだよ。これは言っておかなければいけない、彼はプレーをほったらかしたわけじゃないんだ」

 「彼は膝で滑った。あれは彼の普段のゴールパフォーマンスだ。余計なものがあったがね」

 「ひょっとしたらアデのゴールパフォーマンスとファン・ペルシーがゴールしたときのパフォーマンスにはいくつかの類似点があるんじゃないかと思っているよ」

 また、アデバヨールが同試合でFWロビン・ファン・ペルシーの顔を踏みつけたとして3試合の出場停止になったことについて、

 「アデがファン・ペルシーを傷つけるつもりは無かったと強く主張していることは知っているよ。残念ながらこういうことがあってはみんなは個人的な主張を聞くのが難しいだろう」

 「私はアデに聞いたよ、「意図的にやったのか」って。彼は私の目を見て言ったよ、「ノー」とね。それがうちの主張だ」

 「意図的なものは無かった。悪意は無かった。あれは事故だったんだ。私は彼を信じるよ」

 また、MFセスク・ファブレガスがアデバヨールに怪我を負わされそうになったと主張していることについて、

 「ファブレガスが最後まで試合でプレーし続けられなかった覚えはないね」

 「彼は水曜日(スタンダール・リエージュ戦)にも90分プレーしていたと思うんだが。たぶんその怪我はそんなにひどいものじゃなかったんだよ」

 「うちはその週末、フットボールの試合に勝ったんだよ。その後のことのせいでそのことに注目している人は多くないがね」

 「たぶんみんなにとってうちを責める絶好のチャンスだったんだろう。そのことが分かったところでうちは前に進み続けるよ」と、コメントした。

 マンCはアデバヨールヘの不適切行為追求に対して9月30日までに返答しなければならない。

  問題のシーンはこちら(動画の7分前後)

 Written by Marek


【送料無料!】 NIKE 05/06 アーセナル HOME 半袖 Limited Edition Heritage Box 【ユニフォー...

|

« アストン・ヴィラ、監督と衝突したMFレオ=コーカーがポーツマス戦を外れる! | トップページ | チェルシー、2011年にクロアチアから若手GKデラチ加入 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/31444238

この記事へのトラックバック一覧です: マンC、FWアデバヨールへの不適切行為追求に抗議の構え!:

« アストン・ヴィラ、監督と衝突したMFレオ=コーカーがポーツマス戦を外れる! | トップページ | チェルシー、2011年にクロアチアから若手GKデラチ加入 »