« バーミンガム、エースFWジェロームが足首負傷で1ヶ月離脱! | トップページ | リバプール、MFリエラがベニテス監督と衝突も関係良好を主張! »

2009年9月 6日 (日)

ウルヴス、心臓に問題を抱えた17歳GKダニエル・ライトが引退

Promising Wright retires
 ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズの北アイルランドユース代表GKダニエル・ライト(17)が心臓の問題のため若くして引退を余儀なくされた。

 今シーズン前の親善試合、対ポート・ヴェイル戦でファーストチームデビューを果たしたダニエル・ライトだったが、先月のアカデミーとスウェーデンへの遠征中に胸部に痛みを訴え、最初の診察ではプレー続行可能とされたものの再び痛みを覚え2度目の診察では心臓麻痺の危険性があると診断された。

 ライトは、

 「もしこの先胸部に衝撃を受けることになるとすると、単純に危険すぎるんだ」

 「フットボールは本当に重要なものだったけど、もっときつい状況になるよりはこっちの道を見つけられてよかったと思っているよ」

 「監督は先週言ってくれたよ、君はフットボールに命を賭けたいだろうが、文字通り命を懸けてはいけないよとね」

 「残念だよ。でも人生にはフットボール以外にもまだいろいろあるってことを受け止めなくちゃいけない」

 「荒れたよ。受け止めがたいことだった。このことに慣れるには時間がかかるよ。でも友達や家族と一緒にいることがそのことを紛らわしてくれて、乗り越えていくための支えになるんだ」

 「両親は知らせを聞いてすぐ駆けつけてくれた。僕と同じくらいショックを受けたと思うよ」

 「もっと悪い状況にもなりえたんだ。両親はもっと深刻な電話を受けることになっていたかもしれない」

 「ちょっとつらい時期だよ。でも同時に僕はまだここにいられて、まだチャレンジするチャンスがあってラッキーなんだと感じる」

 「現代の医療のおかげでまだある程度の運動はできそうなんだ。たぶんフィットネス指導の道かそういった分野の道を進むことになるよ」

 「まだフットボールの世界には残っていたいんだ。故郷に帰ったらできれば指導者の道を進みたいよ」

 「僕の昔のクラブ、グレナヴォンはうちに来てアカデミーの指導をしてもいいよって言ってくれたんだ。僕のサポートもしてくれるそうなんだ」と、コメントした。

 そしてダニエル・ライトはクラブでのプレー機会を与えてくれたウルヴスのミック・マッカーシー監督とアカデミーのケヴィン・セルウェル監督、そしてサポートしてくれた皆さんに感謝の言葉を残した。

 Written by Marek

【サッカーショップ加茂】C.ロナウド着用モデル!MERCURIAL VAPOR

|

« バーミンガム、エースFWジェロームが足首負傷で1ヶ月離脱! | トップページ | リバプール、MFリエラがベニテス監督と衝突も関係良好を主張! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/31263375

この記事へのトラックバック一覧です: ウルヴス、心臓に問題を抱えた17歳GKダニエル・ライトが引退:

« バーミンガム、エースFWジェロームが足首負傷で1ヶ月離脱! | トップページ | リバプール、MFリエラがベニテス監督と衝突も関係良好を主張! »