« マンC、若手DFを引き抜かれたレンヌもFIFAに報告! | トップページ | マンC、FIFAが不正引き抜きに関してレンヌからの訴えを調査中! »

2009年9月 9日 (水)

チェルシー、フィオレンティーナMFムトゥはユヴェントスに賠償金支払援助を求む!

Mutu agent wants Juve support
 スポーツ仲裁裁判所から契約違反として以前所属していたチェルシーへ1,460万ポンドの賠償金を支払うよう言い渡されたイタリアのフィオレンティーナに所属するルーマニア代表FWアドリアン・ムトゥ(30)だが、チェルシーとの契約解除後に契約を結んだイタリアのユヴェントスからの支払援助を要望しているようす。

 ムトゥの代理人であるジョヴァンニ・ベカーリ氏は、

 「ムトゥはチェルシーで稼いだお金を返すことになると思います」

 「ただ残りの額はユヴェントス、リヴォルノ、そしてモッジ一家(ムトゥの元代理人、アレッサンドロ・モッジ)に支払われるべきです」

 「我々はユヴェントスとこの状況に責任を持つ者たちを厳しい立場に置くことになります」

 「彼は全ての人に捨てられたのです。彼のユヴェントスへのフリー移籍で財産を得た者も含めて」

 「ユヴェントスの誰も表に出てきて発言していません。幹部も、かつてのチームメイトも誰も」

 「ムトゥはすでに7ヶ月出場停止という代償を払いました。彼が稼いだものを返す覚悟もできています。ムトゥが正当に扱われるまで私は死ぬまで闘います」

 また当問題解決のためにロシアのテレク・グロツニーへ移籍するのではないかとの噂について、

 「グロツニー?こういったジョークはやめましょう。グロツニーはロシア1部リーグの中位に位置するチームで、3人のルーマニア人選手がプレーしています」

 「あそこは彼を受け入れる余裕があるでしょう。クラブ会長がプーチン(ロシア首相)の友人ですからね。ただテレクはテレク。ムトゥはムトゥです。それに何もオファーは受けていません」と、コメントした。

 ムトゥはチェルシーに在籍していた2004年にコカインの陽性反応が出たため、チェルシーと契約を解除し7ヵ月の出場停止処分を受けていた。その後ムトゥは出場停止期間中にユヴェントスへ渡ったが、チェルシーは同選手を2003年にパルマから獲得した際に支払った移籍金の賠償を求めていた。

 Written by Marek


【新商品/送料無料】 フランク・ランパード 直筆サイン入りフォトチェルシー2007-2008 "In Acti...

|

« マンC、若手DFを引き抜かれたレンヌもFIFAに報告! | トップページ | マンC、FIFAが不正引き抜きに関してレンヌからの訴えを調査中! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/31298412

この記事へのトラックバック一覧です: チェルシー、フィオレンティーナMFムトゥはユヴェントスに賠償金支払援助を求む!:

« マンC、若手DFを引き抜かれたレンヌもFIFAに報告! | トップページ | マンC、FIFAが不正引き抜きに関してレンヌからの訴えを調査中! »