« トッテナム、高額要求でFWパブリュチェンコのスパルタク行きを阻止! | トップページ | リバプール、レアル移籍MFアロンソの決断は昨年すでに... »

2009年9月 5日 (土)

チェルシー、原告のランス『選手の家族は大金を積まれた』

Lens claim cash incentives
 チェルシーが2007年にフランスのランスから現フランスU-19代表MFガエル・カクタ(18)を不正に引き抜いたとして、FIFAがチェルシーに対して今後2回に渡る移籍市場での新選手の登録を禁止したが、ランス側はチェルシーが同選手の家族に『大金』を積んだと非難した。

 ランスの書記長は、

 「私たちは彼ら(チェルシー)と交渉の席を持ち、当選手は契約下にいると話しました。しかし彼らは契約下にはいないと主張してきました」

 「私が言えることは、私たちの弁護士団は自分たちの立場に大変自信を持っており、FIFAも同様に自信を持っています」

 「ランスは小さなチームです。チェルシーは大金を持った大きなチームで、確かに当選手の家族は大金を積まれました」と、コメントした。

 フランス選手組合共同会長でありFIFAPro(国際選手組合)会長でもあるフィリップ・ピアット氏は、

 「14歳のときにカクタとその父親は、彼が16歳になったときにランスと契約を結ぶことを約束するユース事前契約にサインしている」

 「彼がユース課程を終えたときランスは契約を申し込み当選手の加入を望んだが、彼の父親はこれに合意しなかった。彼はチェルシーに行きたかったんだ」と、コメントした。

 ランス側はチェルシーがカクタにランスとのユース事前契約を破棄するよう説得したと主張している。

 Written by Marek

【サッカーショップ加茂】エスパニョール ホーム ユニフォーム NO.7 NAKAMURA

|

« トッテナム、高額要求でFWパブリュチェンコのスパルタク行きを阻止! | トップページ | リバプール、レアル移籍MFアロンソの決断は昨年すでに... »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/31240554

この記事へのトラックバック一覧です: チェルシー、原告のランス『選手の家族は大金を積まれた』:

« トッテナム、高額要求でFWパブリュチェンコのスパルタク行きを阻止! | トップページ | リバプール、レアル移籍MFアロンソの決断は昨年すでに... »