« マンC、FWロビーニョが足首負傷で最大4週間離脱! | トップページ | チェルシー、ローン選手の呼び戻しさえ許されない! »

2009年9月14日 (月)

マンU、反論されても引き下がりはしないル・アーブル!

Le Havre won't back down
 フランス2部のル・アーブルが今夏マンチェスター・ユナイテッドがMFポール・ポグバ(16)と契約した際に不正なアプローチがあったと主張していることでマンUは逆にル・アーブル側を非難しているが、ル・アーブル側は毅然とした態度を見せた。

 ル・アーブルのジャン=ピエール・ルヴェル会長は、

 「若手選手への贈賄だ。彼は契約下にいた」

 「脅しでは引き下がらない。うちの弁護士団はこの件をFIFAに提出する。必要とあればCAS(スポーツ仲裁裁判所)にだって行くさ」

 「ポグバは練習生契約にサインすることになっていたんだ。だが彼はそうしなかった。彼の両親がそうさせたくなかったんだ」

 「もう彼にはマンチェスターでプレーする資格はない。FFF(フランスフットボール連盟)は彼に許可書を与えなかった。ということは、問題があるということだよ」

 「ビッグクラブはそういった手をとってはいけない。その選手はもう離れていってしまった。しかしうちは自分たちの教育を守ることへの承認がなされることを期待しているよ」と、コメントした。

 先日マンUのサー・アレックス・ファーガソン監督はル・アーブル側に対してコメントを撤回するように呼びかけていた。

 Written by Marek


【新商品/送料無料】 TOS-010 クリスティアーノ・ロナウド直筆サインフォトフレーム2008 チャン...

|

« マンC、FWロビーニョが足首負傷で最大4週間離脱! | トップページ | チェルシー、ローン選手の呼び戻しさえ許されない! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/31378127

この記事へのトラックバック一覧です: マンU、反論されても引き下がりはしないル・アーブル!:

« マンC、FWロビーニョが足首負傷で最大4週間離脱! | トップページ | チェルシー、ローン選手の呼び戻しさえ許されない! »