« アーセナル&マンC、トリノのイタリアU-21代表DFオグボンナは噂を知らない | トップページ | マンU、クラッテンバーグ審判がワイリー審判を擁護 »

2009年10月15日 (木)

マンU、2002年に一度ファン・ハール(現バイエルン監督)の就任に合意していた!

United lined up Van Gaal
 現在ドイツのバイエルン・ミュンヘンを率いているルイス・ファン・ハール監督が、2001/2002シーズンで引退する意向を発表していたマンチェスター・ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督の後任としてクラブと合意に至っていたことを明かした。

 ファン・ハール監督は、

 「あれは2002年ワールドカップ前のことだったよ」

 「ピーター・ケニヨン(当時マンUのCEO)を通してマンチェスター・ユナイテッドと連絡を取っていた」

 「私はアレックス・ファーガソンが引退することになると聞かされていた」

 「彼が去ったときに私が彼の後を引き継ぐことになっていた。だが結局ファーガソンはやめたがらなかったよ」と、コメントした。

 ファーガソン監督の引退発言の後マンUは緊急の後任探しを迫られたが、結局ファーガソン監督は考えを変え引退を撤回していた。

 オランダのアヤックスやスペインのバルセロナで評価を上げていたファン・ハール監督は当時オランダ代表チームを率いていた。

 Written by Marek


2002 UD Manchester United Legends Signatureデイビッド・ベッカム / David Beckahm直筆サイン...

|

« アーセナル&マンC、トリノのイタリアU-21代表DFオグボンナは噂を知らない | トップページ | マンU、クラッテンバーグ審判がワイリー審判を擁護 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/31793101

この記事へのトラックバック一覧です: マンU、2002年に一度ファン・ハール(現バイエルン監督)の就任に合意していた!:

« アーセナル&マンC、トリノのイタリアU-21代表DFオグボンナは噂を知らない | トップページ | マンU、クラッテンバーグ審判がワイリー審判を擁護 »