« カーリング杯ハイライト、4回戦 | トップページ | マンU、ファーガソン監督がワイリー審判への不適切コメントを認める! »

2009年10月31日 (土)

ストーク、GKシモンセンがチームの遭遇した緊急着陸劇を語る!

Simonsen plays down plane drama
 火曜日夜にカーリングカップ、ポーツマス戦を終え、イーストミッドランズ空港へ向かっていたストーク・シティのメンバーを乗せた飛行機がガトウィック空港への緊急着陸を余儀なくされる事態が起きた。ストークのGKスティーヴ・シモンセン(30)が無事に家に帰れた安心感を語った。

 シモンセンは、

 「あの出来事は本当に信じられないよ。控えめにいってもかなり劇的なことだった」

 「飛行状態は完璧で、何もかもスムーズにいっていたんだ。20分間はね。それから機内に変な臭いがしだしたんだ。何かが焼けているようなね」

 「煙や炎はなかったよ。そこまでドラマチックじゃなかったよ。でもパイロットは緊急手段をとって一番近くの空港に向かった」

 「ああいう状況になるとただ安全に地に着きたいと望むものだよ。ありがたいことにそうなってくれたよ。私たちはどこに降りたかなんて気にしなかった」

 「私たちは笑い飛ばそうとしたよ。周りで心配している人はそこまで多くはなかった」

 「パラシュートを準備してた選手が2、3人いたよ!」

 「いつでも計画通りいくなんてことはない。時には悪いことも起きうる。でもみんな無事に家に帰れた。私たちはまた次の日に向かって生きているんだよ」と、コメントした。

 Written by Marek

|

« カーリング杯ハイライト、4回戦 | トップページ | マンU、ファーガソン監督がワイリー審判への不適切コメントを認める! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/32008915

この記事へのトラックバック一覧です: ストーク、GKシモンセンがチームの遭遇した緊急着陸劇を語る!:

« カーリング杯ハイライト、4回戦 | トップページ | マンU、ファーガソン監督がワイリー審判への不適切コメントを認める! »