« ブラックバーン、MFデイヴィッド・ダン&DFサンバ他数選手も新型インフルエンザ感染!? | トップページ | カーリング杯4回戦、結果(27日、28日)アーセナルがリバウールを下して8強進出! »

2009年10月28日 (水)

チェルシー、ダイヤモンドの輝きを取り戻したMFジョー・コール

Cole - It's good to be back
 1月に負った深刻な膝の怪我を乗り越え、土曜日のブラックバーン戦で今季初スタメンを飾り、カルロ・アンチェロッティ監督が用いるダイヤモンド型の中盤の先端でマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍を見せたチェルシーのイングランド代表MFジョー・コール(27)が復帰、そしてセンターでプレーすることの喜びを語った。

 ジョー・コールは、

 「うそはつかない。あのポジションは実際に僕に合っているよ」

 「僕が監督だったら、僕をあのポジションに置くよ。あれはいいね。最後にあのポジションでしっかりプレーしたのはウェストハムにいたときだった。あのころ僕は今のような選手じゃなかったよ」

 「楽しいよ。現実的に考えてもあのポジションは僕に合ってる。僕はチームに左、右、センターでのオプションをもたらしているんだ」

 「どこでだってプレーするさ。でも明らかに僕にとってのベストのポジションは、僕がユースチームでキャリアを始めたころのポジションだよ」

 「残念ながら今まではあのシステムを採用してるチームでプレーしてこなかった。だから僕は自分のプレーを適応させていかなくちゃいけなかったんだ。左か右に開いてね。あのポジション(センター)が楽しいよ。あそこでプレーするのが僕にとってはより自然なんだ」

 「でもね、『ここで、あそこで毎週プレーしていたい』とかは言い出さないよ。ただチェルシーでプレーできていることが幸せなんだ」

 「僕の使命は今年このクラブのために何か助けになることなんだ。監督があれが僕にとってのベストポジションだとみているって言ってくれたことは最高だよ。僕は今話したくなるような本当にいいことがたくさんあるよ」と、コメントした。

 恩師ジョゼ・モウリーニョ監督の元で天賦の才能を大きく開花。キレのあるドリブルに抜群のテクニック、巧みなトリックプレーを遺憾なく発揮し、高い得点能力も誇るイングランドが生んだ天才アタッキングミッドフィルダー、ジョー・コールのプレーは以下をクリックして御覧ください。

 Written by Marek


【PS3本体同梱版】ウイニングイレブン 2010 プレミアムPACK(2009/11/5発売)

|

« ブラックバーン、MFデイヴィッド・ダン&DFサンバ他数選手も新型インフルエンザ感染!? | トップページ | カーリング杯4回戦、結果(27日、28日)アーセナルがリバウールを下して8強進出! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/31971591

この記事へのトラックバック一覧です: チェルシー、ダイヤモンドの輝きを取り戻したMFジョー・コール:

« ブラックバーン、MFデイヴィッド・ダン&DFサンバ他数選手も新型インフルエンザ感染!? | トップページ | カーリング杯4回戦、結果(27日、28日)アーセナルがリバウールを下して8強進出! »