« ポーツマス、グラント氏がフットボールディレクターに復帰! | トップページ | アストン・ヴィラ、DFルーク・ヤング&ボウマがリザーブフル出場で完全復帰間近 »

2009年10月13日 (火)

バーミンガム、新体制の中デイヴィッド・ゴールド会長も退団へ

Gold set for Blues exit
 香港の事業家、カーソン・ユン氏によるバーミンガム・シティ買収を受け、クラブへの残留を望んでいたデイヴィッド・ゴールド会長もクラブを去ることになるようす。

 ユン氏はクラブに自身の関係者を入れようとしているようで、ユン氏が所有する会社、グランドトップ・インターナショナル・ホールディングスのCEOが会長に就く予定となっており、そこでデイヴィッド・ゴールド氏は副会長の職を提案されたがそれを断った。

 デイヴィッド・サリヴァン共同オーナーとカーレン・ブレイディマネージング・ディレクター、そしてデイヴィッド・ゴールド氏の兄弟であるラルフ・ゴールド氏はすでに退団が見込まれていた。

 デイヴィッド・ゴールド氏は1993年にサリヴァン氏とともにバーミンガムの支配権を得て、1997年にクラブの会長に就任していた。

 Written by Marek


2010年 FIFA ワールドカップ南アフリカ大会 公式記念コインフランス50ユーロ金貨【B】

|

« ポーツマス、グラント氏がフットボールディレクターに復帰! | トップページ | アストン・ヴィラ、DFルーク・ヤング&ボウマがリザーブフル出場で完全復帰間近 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/31774081

この記事へのトラックバック一覧です: バーミンガム、新体制の中デイヴィッド・ゴールド会長も退団へ:

« ポーツマス、グラント氏がフットボールディレクターに復帰! | トップページ | アストン・ヴィラ、DFルーク・ヤング&ボウマがリザーブフル出場で完全復帰間近 »