« マンC、ウェールズ代表FWベラミーは体調を考え代表引退を示唆 | トップページ | チェルシー、FWサルモン・カルーが2014年まで契約延長 »

2009年10月14日 (水)

プレミアリーグ参戦を熱望するセルティック!

Bhoys chief eyes Prem move
 ライバルであるレンジャーズと同様に、何度もプレミアリーグへの参入を提唱しているスコットランドのセルティックがまた一度プレミアリーグ参入への願望を主張した。

 セルティックのピーター・ロウウェルCEOは、

 「セルティックとレンジャーズは巨大なクラブだ。確実にセルティックは世界とつながっている」

「うちが不満に思っているのは非常に小さいマーケットで活動しているということだ。セルティックを伝えていく上でしっかりした舞台にいない」

「我々に世界への進出の機会を与えてくれるような環境に入っていくチャンスを探している。いつか実現してくれたらと思っている」

プレミアリーグの役員は来月の会議でスコットランドの2強の参入についても話し合うかもしれないと考えられているが、

 「うちを求めてくれる人が必要だ。セルティックとサポーターにとっていいことがあれば、喜んで参入するよ」

 また、選択肢はプレミアリーグだけではないようで、

 「確実に物事っていうのは同じままではいられない。今、世界のフットボール界にはダイナミックな動きがある。世界は小さくなりつつあるのだよ」

 「うちには非常に強力な財政力がある。前回のデロイットのレポートではうちは試合日での収益において世界で8番目に大きなクラブだったよ」

 「イングランドで得られるテレビ放映権料を手にすれば、セルティックにとって障壁は何もなくなる」と、コメントした。

 スコットランド・クライドデイルバンク・プレミアリーグとイングランド・バークレイズ・プレミアリーグの間ではテレビ放映権料の額において大きな違いがある。

 Written by Marek

【サッカーショップ加茂】UMBRO スペシアーリ

|

« マンC、ウェールズ代表FWベラミーは体調を考え代表引退を示唆 | トップページ | チェルシー、FWサルモン・カルーが2014年まで契約延長 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

この話随所前からセルティック言ってますよね
プレミアリーグ機構の偉い人に『プレミアに来たいなら三部から始めもらう』
て言われて尻蕾しちゃった記憶があります

プレミアに上がる為に一生懸命戦ってるクラブの事を考えると三部から始めるのは正しいかな。

それを踏まえてストレートにプレミアに来るのは難しいんじゃないかと。

現地ではどうなんでしょ
日本じゃ俊輔の居ないセルティックなんて記憶の彼方ですけどね…たぶん

投稿: スーパーぶるー | 2009年10月14日 (水) 12時26分

>スーパーぶるーさん
毎度ありがとうございます。

セルティックの現状は国内リーグでは2強、王者格ですけど,国内かイングランド下部の有力選手を獲るくらいで,プレミアのクラブには主力獲られたりしますよね。まあヴィラのペトロフとか中村とか世界からいい選手見つけてきたり,マッギーディ,マローニーみたいな若手の育成もうまかったりしますけど...もう1,2ステップ上がるにはプレミア参入なんですかね。。

ただイングランド下部からとなると選手流出とかで壊れてしまいそうですよね。プレミアにストレートに入れても,降格したりしてズルズルいったらものすごく悲惨なのに。。ビッグ4に定着するくらい、かなり自信があるんですかね(プレミアでは中堅くらいという解説者もいましたが)。ただ王者格を捨ててまでチャレンジしたいという精神は評価できると思います。

まずはカーリングカップとかに出て,そこで優勝できたら参入みたいな案はありませんかね。すみません,全部個人的な意見ですけど。。

投稿: Marek | 2009年10月20日 (火) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/31778724

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアリーグ参戦を熱望するセルティック!:

« マンC、ウェールズ代表FWベラミーは体調を考え代表引退を示唆 | トップページ | チェルシー、FWサルモン・カルーが2014年まで契約延長 »