« チェルシー、スタンフォードブリッジのネーミング権売却を考慮! | トップページ | リバプール、FWトーレス&MFジェラードの手術を急がず! »

2009年11月 7日 (土)

バーミンガム、チェルシーを去ったばかりのFWシェフチェンコ獲得への動きを否定!

McLeish rejects Sheva talk
 今週早々にバーミンガム・シティのカーソン・ユン新会長がウクライナのディナモ・キエフに所属するウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ(33)獲得を熱望していると報じられたが、バーミンガムのアレックス・マクリーシュ監督は同選手獲得の話を否定した。

 マクリーシュ監督は、

 「サミー(ユー副会長)はそんなこと言っていなかった」

 「そのことは新聞で読んだよ。だがシェフチェンコについては何も聞いていない」

 「うちはターゲットの選手たちがバーミンガムにきたいのかどうか見ていかないといけない。障害もたくさんあるだろうけどね。だがおそらく3人か4人の選手の獲得でチームを強化できるように、質を高められるようにやっていくよ」と、コメントした。

 マクリーシュ監督はユー新副会長と共に1月移籍市場に向けてターゲットをリストアップしている。

 世界に轟くその圧倒的なスピードで敵陣を瞬く間に突破。左右に鋭く飛び出し前線両サイドで起点にもなり、思い切り良く振り抜かれるシュートで鋭くゴールを射抜く『ウクライナの矢』、アンドリー・シェフチェンコのプレーは以下をクリックして御覧ください。

 Written by Marek

|

« チェルシー、スタンフォードブリッジのネーミング権売却を考慮! | トップページ | リバプール、FWトーレス&MFジェラードの手術を急がず! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/32107942

この記事へのトラックバック一覧です: バーミンガム、チェルシーを去ったばかりのFWシェフチェンコ獲得への動きを否定!:

« チェルシー、スタンフォードブリッジのネーミング権売却を考慮! | トップページ | リバプール、FWトーレス&MFジェラードの手術を急がず! »