« マンC、FWサンタクルスはFWロビーニョのバルサ行き願望に理解! | トップページ | ポーツマス、アル=ファヒム元オーナーがハート監督にFWザキ獲得を推す! »

2009年11月21日 (土)

バーミンガム、マクリーシュ監督もスコットランド代表就任を否定!

McLeish rules out Scots return
 今週ジョージ・バーリー監督がスコットランド代表監督職を解任されたことで後任候補に多くの監督の名が挙がっているが、就任の話から距離を置く監督は少なくなく、かつてそのスコットランド代表監督を務めたことのあるバーミンガム・シティのアレックス・マクリーシュ監督も就任を否定した。

 マクリーシュ監督は、

 「ワールドカップ出場がなくなったとき私は言ったよね、スコットランドFAはジョージを支持するべきだと。だが彼は毎試合吟味され、最初の2、3試合で結果を残せなければ再びプレッシャーにさらされることになるだろうってことはみんなも分かっていたよね」

 「残念ながら結果はジョージにとってうまくはいかなかった。状況は困難だったよ。だが怪我が会ったりしてベストプレーヤーが使えなかったこととかに同情する人は誰もいない」

 「そういうことは監督の仕事にとっては致命的だよ。だがスコットランドではそれでも前を向いていかないといけない」

 「それが今私がやり直したい仕事かって?違うよ。私はここ、バーミンガムでファンタスティックなチャレンジを得た」

 「本当に楽しんでいるんだよ。チームや基盤を作り上げることを。できればそれでうちをプレミアリーグに2、3シーズン維持できればいいね」と、コメントした。

 ただ、スコットランド代表職を『腐敗した職』と扱き下ろしたスコットランドのアバディーンのマーク・マクギー監督に反して、マクリーシュ監督はスコットランド代表監督職は最高に光栄なものであると主張している。

 Written by Marek

【サッカーショップ加茂】アディダス各国代表2010モデルユニフォーム

|

« マンC、FWサンタクルスはFWロビーニョのバルサ行き願望に理解! | トップページ | ポーツマス、アル=ファヒム元オーナーがハート監督にFWザキ獲得を推す! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/32293265

この記事へのトラックバック一覧です: バーミンガム、マクリーシュ監督もスコットランド代表就任を否定!:

« マンC、FWサンタクルスはFWロビーニョのバルサ行き願望に理解! | トップページ | ポーツマス、アル=ファヒム元オーナーがハート監督にFWザキ獲得を推す! »