« プレミアリーグ復帰を待ち望むカービッシュリー元ウェストハム監督 | トップページ | マンC、レアルMFカカはシティ拒絶に後悔ナシ! »

2009年11月24日 (火)

インテルのモウリーニョ監督がイングランド復帰説を否定!

Mourinho denies Inter unrest
 かつてチェルシーで成功を収め、現在はイタリアのインテル・ミラノを率いているジョゼ・モウリーニョ監督は、「しばらく前」のインタビューをかじって同監督がインテルを離れイングランドに戻る気だと報道した新聞を非難した。

 モウリーニョ監督はクラブの公式サイトにて、

 「私はパトリック・バークレイというジャーナリストにしばらく前に会ったよ。サー・アレックス・ファーガソンについての本のためにね」

 「そのジャーナリストとは今のことについては語り合っていない。もっぱら私のプロとしてのキャリアを形成した異なる国々での監督経験を話したのだがね」

 「私は歴史的、そして文化的な違いを強調した。個人的な好みではなくてね。徹底してサー・アレックス・ファーガソンのマンチェスター・ユナイテッドでの経験がいかなるものかを強調したはずだよ。明らかに我々の職種ではあれは異常に例外的なものだよ」

 「あなたも読んだように、私はインテルを愛していると、インテルで幸せだと、インテルの向上に従事しているんだと説明したよね。それが事実だよ。契約満了までこのクラブに残るということだ」

 「サー・アレックス・ファーガソンへの心からの称賛が他のメディアの未熟な文章に使われるなんて本当に残念だ。何しろ全く違う見方をされたからね」と、述べた。

 また以前には、『The Times』紙にて、イタリアの地を選んだことについて、

 「イタリアだよ。私は戦術の生誕地にやってきたんだ。カテナチオと守備的フットボールの国にね。目的は勝つことだよ。3つ目のリーグでというだけでなく、外国人監督がほとんど成功を残せていない国で勝つということだよ。だが時はもう安定期に向かっている」

 「私はインテルを愛している。ここで未来を築きたいんだよ。事実、私はそれを実行している。私は利己的な監督ではないからね。若手育成や1軍の年齢構成を踏まえて未来を考えているんだよ」

 「だけどイタリアじゃない。イングランドだよ。私のフットボールはイングリッシュ・フットボールだ」と、コメントしていた。

 Written by Marek


【PS3本体同梱版】ウイニングイレブン 2010 プレミアムPACK(2009/11/5発売)

|

« プレミアリーグ復帰を待ち望むカービッシュリー元ウェストハム監督 | トップページ | マンC、レアルMFカカはシティ拒絶に後悔ナシ! »

イングランド代表」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/32343154

この記事へのトラックバック一覧です: インテルのモウリーニョ監督がイングランド復帰説を否定!:

« プレミアリーグ復帰を待ち望むカービッシュリー元ウェストハム監督 | トップページ | マンC、レアルMFカカはシティ拒絶に後悔ナシ! »