« トッテナム、レドナップ監督はマンU第3GKフォスター獲得を否定! | トップページ | インテルのモウリーニョ監督がイングランド復帰説を否定! »

2009年11月24日 (火)

プレミアリーグ復帰を待ち望むカービッシュリー元ウェストハム監督

Curbs wants management return
 去年9月に移籍方針の不一致のためにウェストハム・ユナイテッドを離れ、これを不当な解任として今月早々に起こした訴えが通り、近々ウェストハムから賠償金を受け取るアラン・カービッシュリー氏がプレミアリーグへの復帰を見据えている。

 カービッシュリー監督は、

 「(裁判は)つらい時間だったよ」

 「私がやると決断しなければならないようなことだったんだ。(ウェストハムの前に指揮を執っていた)チャールトンを去ったときは、あれは計画していたものだった。だからあの休息は有意義だったよ。あれは問題なかった」

 「ウェストハムを去ったとき、うちは5位にいた。あれは予想していなかったよ」

 「(あのときは)シーズンが始まったばかりだった。ブラックバーンを倒したばかりだった。それに私はクレイグ・ベラミーとディーン・アシュトンを復調させていたんだよ」

 「休業中はあまり試合を観に行けていないよ。プレミアリーグの試合を少し見たくらいだ」

 「裁判には3週間かかった。あの手のことを準備するというのは簡単じゃないよ。本当に時間のかかるものだった。だが何が起きているのか知るのに、試合現場にいる必要はないのだよ」

 「この10年間、私はずっとプレミアリーグにいる」

 「トップ10のクラブに行きたいね。プレミアリーグのだよ」

 「今まで当然のことと思っていたことがあったのだが、私は自分のやり方を見直さなければならなくなった。監督に戻れたときには、これまでと違ったやり方で取り組むことが1つ2つあるよ」

 「後知恵というものはすばらしいものだ」

 

「気づいたことの1つは、今はなんでも短期間だということだ。チャールトンで降格した頃は3年契約をもらえたんだがね。それは新しい流れが始まる前のことだった」

 「だから私は受け入れていかないといけない。だがいつ戻れるかは運次第だよ。もう長いもので14ヶ月になるね」と、コメントした。

 Written by Marek


PSP「プレイステーション・ポータブル」go ピアノ・ブラック (PSP-N1000)

|

« トッテナム、レドナップ監督はマンU第3GKフォスター獲得を否定! | トップページ | インテルのモウリーニョ監督がイングランド復帰説を否定! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/32343121

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアリーグ復帰を待ち望むカービッシュリー元ウェストハム監督:

« トッテナム、レドナップ監督はマンU第3GKフォスター獲得を否定! | トップページ | インテルのモウリーニョ監督がイングランド復帰説を否定! »