« マンU、生ける伝説MFギグスが2011年まで契約延長! | トップページ | チェルシー、アトレティコFWアグエロがブルーズ行きに前向き! »

2009年12月19日 (土)

リバプール、DFキャラガーがイングランド代表復帰を拒絶!

Carragher snubs Capello offer
 クラブに専念するため2007年に代表引退を発表したリバプールの元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー(31)がファビオ・カペッロ現イングランド代表監督からの代表復帰の誘いを断っていたことを明かした。

 キャラガーは、

 「私は1年前、フランコ・バルディーニ(カペッロ監督のアシスタント)と話し合いのために会うことになっていたんだ。直前になってやめたよ」

 「私のしたことはかなり失礼なことだったよ。スティーヴィー(スティーヴン・ジェラード)からは何度かそのことを聞かされていたんだ。それで会うことに合意した。でも直前になって、ただそうしたくなくなったんだよ」

 「チームに戻っても状況が変わるとは思えなかった。ジョン・テリーとリオ・ファーディナンドがファーストチョイスだよ。世界でも最高のセンターバックの2人だからね」

 「もしかしていたらこの数年でもう10キャップは得られていたかもしれない。リオとジョンは何試合か出られなかったからね。でもこの2人より優秀なセンターバックペアをワールドカップに送ろうなんて望めないよ」

 また今後について、

 「私は34とか35までリバプールでプレーして、みんなに『あいつはよくやったよ』とか思われたいわけじゃない」

 「だから自分がまあまあのレベルでやれているうちに出て行って他のクラブで最後までプレーし続けたほうがいいのかとか考えるよ」

 「私はもしかしたらリバプールでビッグゲームに出てチームに迷惑をかけてしまうんじゃないかとか心配なんだ。毎週プレーできないこととか、そうなってしまうのだろうかとかも考えるんだ」

 「この1,2年でおそらく私は決断しなければならなくなる。リバプールには残りたいよ。それが望みだ。でもね、妥協することになるかもしれないと思うこともいろいろあるんだよ」と、コメントした。

 このバルディーニアシスタントとの話し合いの場はジェラードが手配していたようす。

 ここ数ヶ月、リオ・ファーディナンドとジョン・テリーはたびたび怪我に悩まされており、そこで代表キャップ34を誇るキャラガーの代表復帰を望む声が出ていたもよう。

 主将ジェラードと共に長きに渡って地元リバプールを支えてきた頼れる副将。全身全霊を懸けた勇猛果敢なタックルは驚異の玉際の強さを誇る。煮えたぎるその熱い闘志でチームを数々の窮地から救ってきた魂のディフェンダー、ジェイミー・キャラガーのプレーは以下をクリックして御覧ください。

(~2007)

♪Feeling the Moment - Feeder
Feeder - One Tree Hill, Vol. 2 - Friends With Benefit (Music from the WB Television Series) - Feeling a Moment

 Written by Marek


【予約0005&送料無料】adidas 09/10 リバプール クラブ・オフィシャル "TORRES EL NINO" Limite...

【サッカーショップ加茂】2009バルセロナ特集

|

« マンU、生ける伝説MFギグスが2011年まで契約延長! | トップページ | チェルシー、アトレティコFWアグエロがブルーズ行きに前向き! »

イングランド代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/32662581

この記事へのトラックバック一覧です: リバプール、DFキャラガーがイングランド代表復帰を拒絶!:

« マンU、生ける伝説MFギグスが2011年まで契約延長! | トップページ | チェルシー、アトレティコFWアグエロがブルーズ行きに前向き! »