« マンU、ファーガソン監督が元アーセナルDFキャンベル獲得を否定! | トップページ | ストーク、FWクレスウェルがシェフィールドUに移籍へ »

2009年12月12日 (土)

ウェストハム、苦悩のイングランド代表FWアシュトンが無念のリタイア

Ashton forced to retire
 長期に渡って怪我と闘ってきたウェストハム・ユナイテッドのイングランド代表FWディーン・アシュトン(26)が引退を余儀なくされることとなった。

 ウェストハムのスコット・デュクスブリーCEOは公式サイト上で、

 「悲しい日だ。我々の心はディーンと共にある」

 「彼の尽力に対して感謝の言葉を残したい。彼の今後の成功を祈る」

 「辛抱してくれて、そしてこの難しい時間を理解してくれたファンにも感謝したいと思う」と、述べた。

 アシュトンは2006年のイングランド代表チームでの練習中に足首を負傷。さまざまなリハビリを試みたものの回復には至らず、今後長期に渡る生活への支障が警告されていた。

 かつてクルーやノーリッチでプレーしたアシュトンには、この夏ストークが獲得に動いていた。

 競り合いでも微動だにしないポストプレーが魅力の巨漢FWディーン・アシュトンの豪快かつテクニカルなプレーは以下をクリックしてご覧ください。

(クルー・アレクサンドラ)

 Written by Marek


【予約0005&送料無料】adidas 09/10 リバプール クラブ・オフィシャル "TORRES EL NINO" Limite...

【サッカーショップ加茂】アディダス各国代表2010モデルユニフォーム

|

« マンU、ファーガソン監督が元アーセナルDFキャンベル獲得を否定! | トップページ | ストーク、FWクレスウェルがシェフィールドUに移籍へ »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/32583060

この記事へのトラックバック一覧です: ウェストハム、苦悩のイングランド代表FWアシュトンが無念のリタイア:

« マンU、ファーガソン監督が元アーセナルDFキャンベル獲得を否定! | トップページ | ストーク、FWクレスウェルがシェフィールドUに移籍へ »