« ブラックバーン、アラーダイス監督が心臓手術から復帰! | トップページ | iFooty:イングランドリーグとスコットランドリーグの情報満載! »

2009年12月 5日 (土)

アーセナル、ベンゲル監督はマンCヒューズ監督との握手拒絶に迷いナシ!

Wenger defends handshake stance
 水曜日のカーリングカップ、マンチェスター・シティ戦で3−0の敗戦を告げる笛が吹かれるとマーク・ヒューズ監督に目を向けもせず一直線にトンネルへ向かったアーセナルのアーセン・ベンゲル監督。他クラブの監督から監督同士の握手をしなかったことに非難の声も出ている中、ベンゲル監督に後悔はない。

 ベンゲル監督は、

 「明日(土曜日)、偶然にも私はアーセナルでの500試合目の指揮を執ることになる。私は今まで497回握手をしてきたと思うよ」

 「あれは儀礼的な行為だと思う。だが一番大事なことは儀礼的なことではない。態度の礼儀正しさだよ」

 「潔くない敗者であったことは否定はしない。だがあの状況なら、試合に勝っていたとしても負けていたとしても、私は確実に同じことをしたよ」

 「私はフットボールのピッチ上で重要だと思うことに従って行動している。私が確かに言ってきたこと、やってきたことはこの先も変えないよ」

 試合中タッチライン沿いでヒューズ監督に罵られていたのかと問われ、

 「このようなことに関しては必要な距離を置くようにしてきた。騒ぎを起こしたくはない」

 「タッチラインではいろいろあったよ。だがあなた方は、私が試合後の記者会見やその1週間後とかに相手の監督について何か言ったのを聞いたことはないはずだ」

 「この先も今までとってきた姿勢を続けていく。そして自分がしたことの1秒も後悔しない」と、コメントした。

 ベンゲルの態度に対してはボルトンのガリー・メグソン監督、ウルヴスのミック・マッカーシー監督、ストークのトニー・ピュリス監督から非難の声が挙がっていた。

 またヒューズ監督は挨拶もなしにトンネルへ向かって行ったベンゲル監督に皮肉を交えて手を振っていた。

 Written by Marek


アーセナル エミレーツスタジアム 模型【送料無料_1130】

【サッカーショップ加茂】アディダス各国代表2010モデルユニフォーム

|

« ブラックバーン、アラーダイス監督が心臓手術から復帰! | トップページ | iFooty:イングランドリーグとスコットランドリーグの情報満載! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/32499081

この記事へのトラックバック一覧です: アーセナル、ベンゲル監督はマンCヒューズ監督との握手拒絶に迷いナシ!:

« ブラックバーン、アラーダイス監督が心臓手術から復帰! | トップページ | iFooty:イングランドリーグとスコットランドリーグの情報満載! »