« アーセナル、チームを逆転に導いたベンゲル監督の激怒 | トップページ | マンC、ヒューズ監督は途中交代FWロビーニョとの確執を否定 »

2009年12月18日 (金)

ウルヴス、マンU相手に選手10人を代えたマッカーシー監督が説明を迫られる!

McCarthy must explain team
 土曜日にトッテナムに対して大金星を挙げたメンバーからゴールキーパーを除く10人を外して火曜日のマンチェスター・ユナイテッド戦に挑み、3-0で敗れたウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズのミック・マッカーシー監督がプレミアリーグから説明を要求された。

 プレミアリーグの発行した声明文には、

 「プレミアリーグ議会はウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズに、リーグ戦、マンチェスター・ユナイテッド戦でのチームに関して書面で報告を求めました」

 「報告を受け次第、議会は更なる動きが必要か決断します」と、述べられている。

 ウルヴスのファンは試合中、『金を返してもらいたい』、『ファーストチームはどこ?』、『リザーブチームを見るのに42ポンド』とのチャントを歌い、不満を表していた。

 しかし、過密日程による怪我を防ぐためだったとも主張しているウルヴスのミック・マッカーシー監督は、

 「ファンの反応は理解できる。そういった質問が問われることになることは分かっていた」

 「だが、私の決断はうちがプレミアリーグに残るかどうかで判断されることになる」と、コメントした。

 プレミアリーグは、昨シーズンの最終節でマンチェスター・ユナイテッドがチャンピオンズリーグ決勝10日前のハル・シティ戦でメンバーを落とした際にはマンUに罰金を科しはしなかったため、ウルヴスがこれ以上追及される可能性は低いとみられている。

 Written by Marek


ナイキ 【 NIKE 】【20%OFF】05/06アーセナル/ホーム/半袖/アンリ

【サッカーショップ加茂】アディダス各国代表2010モデルユニフォーム

|

« アーセナル、チームを逆転に導いたベンゲル監督の激怒 | トップページ | マンC、ヒューズ監督は途中交代FWロビーニョとの確執を否定 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/32651890

この記事へのトラックバック一覧です: ウルヴス、マンU相手に選手10人を代えたマッカーシー監督が説明を迫られる!:

« アーセナル、チームを逆転に導いたベンゲル監督の激怒 | トップページ | マンC、ヒューズ監督は途中交代FWロビーニョとの確執を否定 »