« ストーク、DFグリフィンがレディングへローン移籍 | トップページ | バーンリー、コーチ陣もコイル監督を追いボルトンへ! »

2010年1月13日 (水)

トッテナム、若手FWペクハルトが母国チェコのヤブロネツへ移籍

Pekhart exits Tottenham
 トッテナム・ホットスパーのチェコ共和国U-20代表FWトマシュ・ペクハルト(20)がチェコ共和国のKFヤブロネツへ移籍した。移籍金は非公開。契約期間は3年半。

 ペクハルトは昨季の半分をサウサンプトン(当時2部)で過ごし、その後12カ月期限付きローンで加入したチェコのスラヴィア・プラハでクラブのガンブリヌスリーガ(チェコ1部リーグ)優勝に貢献していた。

 Written by Marek


2009 Jリーグ チーム別トレーディングカード 全24チームセット


【15日9:59まで全品ポイント10倍】【15%OFF】【送料無料】クリスティアーノ・ロナウド(Cristi...

|

« ストーク、DFグリフィンがレディングへローン移籍 | トップページ | バーンリー、コーチ陣もコイル監督を追いボルトンへ! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/32968851

この記事へのトラックバック一覧です: トッテナム、若手FWペクハルトが母国チェコのヤブロネツへ移籍:

» 橋口亮輔『二十才の微熱』 [愛と苦悩の日記]
■橋口亮輔『二十才の微熱』1993年。監督第一作。美少年好きの淀川長治大先生はどのようにおっしゃっているかと思えばものすごい酷評。超長回しの固定ショットで、俳優は延々ドキュメンタリーっぽい「自然な」演技。感情の起伏のない演技と、固定ショットや長回しの多用、ほとんどカットバックのない一方向の時間の流れ、自然光、ロケ、素人の俳優、同録、わざと聞き取りにくく録音してある台詞、人間関係への決定的なコミット...... [続きを読む]

受信: 2010年1月20日 (水) 19時23分

« ストーク、DFグリフィンがレディングへローン移籍 | トップページ | バーンリー、コーチ陣もコイル監督を追いボルトンへ! »