« バーンリー、コイル監督がボルトン行き希望を表明! | トップページ | プレミアリーグ、結果(5日)ストークがフラムに逃げ切り! »

2010年1月 7日 (木)

魅力的なプレミアデータはここ:Official Site of the Premier League

Statistics
 皆さんはプレミアリーグの公式サイトを訪れたことありますか。

 昨日1月6日の日本経済新聞でプレミアリーグ公式サイトの記録編纂サービスのすばらしさが紹介されていました。

 英語表記のみとなりますが、“Statistics”のページ(http://www.premierleague.com/page/Statistics/0,,12306,00.html)には選手の出場試合数記録(Appearances)、得点記録(Top Scorers)からファウル数記録(Fouls/最多はMFリー・ボウヤーとMFロビー・サベージだとか)までプレミアリーグ創設以来のあらゆるデータがしっかり残されていて、プレミアリーグの楽しみを広げてくれます。

 特にファンタジープレミアリーグ(Fantasy Premier League)を楽しんでいる方にはかなり重宝する情報が満載です。各チームの無失点試合数(Clean Sheets)はディフェンダー選択に、各チームの失点数(Goal Conceded)はスタメン選択にもってこいの情報じゃないですか?ホーム、アウェイ別のチーム成績も分析可能となっています。

 といっても私のファンタジープレミアリーグの成績は芳しくないのですが...

 しかし、とにかくハマると1日潰してしまうような魅力的なデータが詰まっていますので、是非一度ご覧になって、皆さんなりのデータ活用法を見つけてみてください。

 それでは、皆さんのフットボールの楽しみが広がることを願っています。

 Written by Marek


ワールドサッカーウイニングイレブン2010実戦テクニック&選

 iTunes Store(Japan)

|

« バーンリー、コイル監督がボルトン行き希望を表明! | トップページ | プレミアリーグ、結果(5日)ストークがフラムに逃げ切り! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

すみません,ボウヤーとサヴェージが歴代最多なのはイエローカード(Yellow Cards)でした。

現役で今絶好調のボウヤーがすぐにトップに立ちそうですね(笑

ファウル数歴代トップはボルトンのケヴィン・デイヴィスがダントツですね。

プレミアリーグ通産記録はリーグ欄を"All Seasons"にすることで見られます。

今までで一番背が高いのは今ウルヴスにいるマイエホーファーなんですね。
あまり活躍できてないのが残念。。

一番低い記録は別に残さなくても...

ちなみに選手名をクリックすると選手個人データが見られます。
得点時間とか得点ゾーンとか面白そうですね。
こうしてみると試合終盤のゴールが多いですね。
しかし,やっぱりシャビ・アロンソの得点ゾーンは...

投稿: Marek | 2010年1月 7日 (木) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/32894315

この記事へのトラックバック一覧です: 魅力的なプレミアデータはここ:Official Site of the Premier League:

« バーンリー、コイル監督がボルトン行き希望を表明! | トップページ | プレミアリーグ、結果(5日)ストークがフラムに逃げ切り! »