« ボルトン、コイル監督がFWケヴィン・デイヴィスをイングランド代表に推薦! | トップページ | リバプール、主将MFジェラードの審判への挑発行為が問題に!? »

2010年3月10日 (水)

ポーツマス、グラント監督は約束破りのクラブ幹部を非難!

Grant accuses Pompey directors
 監督就任前と約束が違うとして、ポーツマスのアヴラム・グラント監督はクラブの幹部に憤りを感じ、1月に監督を辞任していたかもしれなかったことを明かしたが、そんなグラント監督を思い止めたのはファンや選手への思いだった。

 グラント監督は、

 「もしクラブが50%でも私との約束を守ってくれていれば、うちは少なくとも10ポイントは多く取れていただろうってことは想像し難いことじゃない」

 「私は来たときに、2つ3つやることがあると言った。だが、それから他にもたくさんのことが起きてね、私達は合意した通りにできなかった」

 「私は、1月に3、4人の選手を獲得する必要があると言った。だがクラブは4人の選手を売りたがっていたということが判明した」

 「たぶんあれは私が理解できなかったジョークだったのだろう。だが、私はフットボール監督としてここに来たのに、ずっと自分の仕事をできないでいた」

 「1月に退団するのは本当に簡単なことだったろう。ただファンや選手たちのためだけに残ったのだよ」

 「フットボールじゃない。情熱や感情だよ。時に人は感情で決断するんだ。私の心が私に残れと言ったのだよ」と、コメントした。

 ポーツマスは行政管理下行きを余儀なくされ、今シーズンの降格が決定的とみられている。

 Written by Marek


コナミデジタルエンタテインメント 【PS3】ワールドサッカー ウイニングイレブン 2010【税込】...

[サッカーショップ加茂]日本代表アウェイユニフォーム2010モデル

|

« ボルトン、コイル監督がFWケヴィン・デイヴィスをイングランド代表に推薦! | トップページ | リバプール、主将MFジェラードの審判への挑発行為が問題に!? »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/33711047

この記事へのトラックバック一覧です: ポーツマス、グラント監督は約束破りのクラブ幹部を非難!:

« ボルトン、コイル監督がFWケヴィン・デイヴィスをイングランド代表に推薦! | トップページ | リバプール、主将MFジェラードの審判への挑発行為が問題に!? »