« マンC、マンチーニ監督はいつかイタリア代表監督に! | トップページ | アーセナル、MFラムジーは悲劇を乗り越えてまた強くなる! »

2010年3月 8日 (月)

フットボール、IFABがゴール判定技術&ビデオ判定導入案を却下!

IFAB veto goal-line technology
 IFAB(=The International Football Association Board、国際フットボール協会委員会)はチューリッヒでの会議で、ゴールラインをボールが超えたかどうか判定する技術やビデオ判定に関する議論をこれ以上続けない意向を投票により採決した。

 FIFAのジェローム・ヴァルケ事務局長は、

 「ドアは閉められたよ。決まったことは、これ以上テクノロジーの議論は進めないということだ」

 「テクノロジーは試合に入ってくるべきではない。明確だよ。IFABの大多数が出した明確な声明だ」

 「彼らはなぜ試合にテクノロジーを取り入れるべきなのかといっている。試合のメインは人間であるべきだとね。つまり選手と審判だよ」

 「確かにミスはある。どんなミスだって、人は皆、試合を見直して、何が起きたか議論する。それでも、テクノロジーは試合に取り入れられるべきではないとの明確な声明が出たんだ」

 「もし我々がゴールラインテクノロジーを取り入れれば、それから試合やピッチのいかなる部分がテクノロジー導入の対象となりうるよ。ボールが出たか出なかったかとかペナルティかどうかとかね。そして、結局ビデオ判定に頼ることになる」

 「フットボールの試合はこのままにしてみようよ」と、コメントした。

 イングランドやスコットランドのフットボール協会はゴールライン技術導入の議論続行に賛成票を投じていたが、アイルランドFAやウェールズFA、FIFAは反対票に回ったようす。

 テクノロジーの導入は、ワールドカップ予選プレイオフ、フランス‐アイルランド共和国の一戦でのフランス代表FWティエリ・アンリの『神の手』騒動を受けて、ここ数ヶ月にわたって取り沙汰されていた。

 Written by Marek


サッカー ロナウド直筆サイン入りジャージ(03-04レアル・マドリッド) (プレミアムグッズ)

[サッカーショップ加茂]日本代表アウェイユニフォーム2010モデル

|

« マンC、マンチーニ監督はいつかイタリア代表監督に! | トップページ | アーセナル、MFラムジーは悲劇を乗り越えてまた強くなる! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/33677723

この記事へのトラックバック一覧です: フットボール、IFABがゴール判定技術&ビデオ判定導入案を却下!:

« マンC、マンチーニ監督はいつかイタリア代表監督に! | トップページ | アーセナル、MFラムジーは悲劇を乗り越えてまた強くなる! »