« アーセナル、美しいフットボールを目指すベンゲル監督は往生際の悪い敗者!? | トップページ | プレミアリーグ、結果(13日、14日)マンU&チェルシーが共に快勝! »

2010年3月15日 (月)

チェルシー、感情に左右されたくないインテルのモウリーニョ監督

Jose wary of emotions
 イタリアのインテル・ミランを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がこの火曜日、UEFAチャンピオンズリーグで古巣チェルシーと戦うため、ついにスタンフォードブリッジに帰ってくる。チェルシーで3年を過ごした名将は、感動の再会の中で冷静でいられるかを気にしているようす。

 モウリーニョ監督は、

 「(スタンフォードブリッジで)長い距離を歩かなくていいということは救いだよ」

 「控え室からベンチまではたった5メートルだ。スタジアムを大きく横切る必要もない。観衆からの感情や反応に左右されなくて済むんだ。ただあそこに座って、自分の試合をするだけだよ」

 「選手はピッチ上でプレーする。私はピッチ外でプレーする。彼らのほうが私なんかよりずっと重要なんだ。試合に勝利するのはピッチ上でのことだからね。ベンチじゃない」

 「だが、私はどちらのチームのことも思いながらあそこにいることになるだろうね。それがプロフェッショナルだよ。チェルシーが私の人生において非常に大きな存在であることを隠しはしないよ」

 また、UEFAチャンピオンズリーグ優勝のためには多少の運が必要であるとし、

 「本当に細かいことになるよ。抽選で幸か不幸か。ポストに当たったボールがゴールに入るか外れるか。出場停止となって重要な試合でプレーできなくなった選手。怪我のタイミングが悪くて2、3人のキープレイヤーを欠いて試合に臨むことになるチーム。審判の裁定が有利に働くか不利に働くか」

 「もちろん、本当にいいチームこそがチャンピオンズリーグを優勝する。だが、この大会で優勝できるチームが、7、8、9チームはいるよ。予想するのは相当難しい」と、コメントした。

 Written by Marek


チェルシーFCスタジアム模型チェルシー

[サッカーショップ加茂]日本代表アウェイユニフォーム2010モデル

|

« アーセナル、美しいフットボールを目指すベンゲル監督は往生際の悪い敗者!? | トップページ | プレミアリーグ、結果(13日、14日)マンU&チェルシーが共に快勝! »

チャンピオンズリーグ&UEFA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/33779807

この記事へのトラックバック一覧です: チェルシー、感情に左右されたくないインテルのモウリーニョ監督:

« アーセナル、美しいフットボールを目指すベンゲル監督は往生際の悪い敗者!? | トップページ | プレミアリーグ、結果(13日、14日)マンU&チェルシーが共に快勝! »