« リバプール、エースFWトーレスが膝手術で今季絶望!W杯出場も微妙に! | トップページ | プレミアリーグ、結果(18日)アーセナルまさかの逆転負けで優勝遠のく… »

2010年4月20日 (火)

アーセナル、大逆転負けにショックを隠せないベンゲル監督

Wenger livid after Latics loss
 日曜日のウィガン戦にて、2点リードの展開から残り11分で劇的な逆転を許し、首位チェルシーとの差は6のままとなってしまったアーセナル。試合後インタビューでアーセン・ベンゲル監督は失望感を隠すことができなかった。

 ベンゲル監督は、

 「これがどれだけいらだたしいことかは言わなくてもいいだろ」

 「うちは戦い続けなければならない。ただ、うちに今日の試合を落とせる余裕はなかった。確実にね」

 「何も受け入れられない。うちが2‐0でリードしたとき、私はうちには3点目を決めるチャンスがあると言った。うちは戦い続けなければならなかった」

 そして、ウィガンに2点差をひっくり返され逆転を許した最後の11分について

 「うちはミスをした。そして、相手はそれを逃さなかった」

 「終盤、相手はうちよりも鋭かった。何があったのかは分からない」

 「現実はあの通り。受け入れがたいが、フットボールは90分の勝負だよ」

 2−0のときは勝利を確信するには早すぎると思ったかと問われ、

 「たぶん。うちはそう(まだ早いと)思ったよ。余裕だとは決して思わなかった。屈せずに戦ってくるチームは絶対に諦めないということをうちは知っていたからね」

 手首負傷の正GKマヌエル・アルムニアに代わり、25歳の誕生日に出場を果たしていた第2GKルカシュ・ファビアンスキーがクロスの処理に失敗して同点を許したことについて、

 「彼もあれを受け入れて学ぶだろう」

 また、リーグ戦について、

 「私の目標は次の試合に勝つことだ。まだマンチェスター・シティとスパーズに追いつかれる可能性もある。うちは残りの試合、少なくとも1勝はしないといけない」

 どこが優勝するか賭けるならどのチームにするかといういじわるな問いに対して、

 「知らないよ。気にしない。もしうちが今日勝っていれば、そのときはうちに賭けていただろう。それだけだ」と、コメントした。

 先週はトッテナムとのノースロンドンダービーに敗れたアーセナルだったが、前日の土曜日にはチェルシーもトッテナムに敗れたために再び優勝の可能性が見えていたところだった。

 Written by Marek

【サッカーショップ加茂】NIKE CTR360

[サッカーショップ加茂](NIKE)REDキャンペーンプロダクト

|

« リバプール、エースFWトーレスが膝手術で今季絶望!W杯出場も微妙に! | トップページ | プレミアリーグ、結果(18日)アーセナルまさかの逆転負けで優勝遠のく… »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/34304991

この記事へのトラックバック一覧です: アーセナル、大逆転負けにショックを隠せないベンゲル監督:

« リバプール、エースFWトーレスが膝手術で今季絶望!W杯出場も微妙に! | トップページ | プレミアリーグ、結果(18日)アーセナルまさかの逆転負けで優勝遠のく… »