« ウィガン、クラブ・ブルージュからパラグアイ代表DFアルカラス獲得 | トップページ | マンU、バイエルンFWオリッチがDFヴィディッチを勧誘! »

2010年5月17日 (月)

フラム、代表召集を断り痛みの中ヨーロッパリーグ決勝を戦ったFWザモラ

Zamora confirms England woe
 先週水曜のUEFAヨーロッパリーグ決勝、対アトレティコ・マドリード戦で負傷交代をしたフラムのFWボビー・ザモラ(29)が、以前からずっと足の問題を抱えており、そのためにイングランド代表召集の話も断っていたことを明かした。

 ザモラは、

 「ファビオには怪我に悩まされていると伝えた。代表に行っても、自分の実力を発揮できないか、イングランドのためにならないと分かっていた」

 「この判断は俺とカペッロ、うちの医療チーム、イングランド代表の医療チームみんなで決めたものだ」

 「ワールトカップはとてつもなく大きなトーナメントだよ。俺の大会じゃない。イングランドの大会なんだ」

 「カペッロは俺の最善を祈ってくれたよ。俺が調子を戻して来季プレー可能になることを願ってくれた。昨晩(水曜日)でも俺が苦しみながらプレーしていたのが分かっただろう」

 「(怪我は)よくあることだよ。悪いタイミングでやってきた。ここ5週間は最悪だったよ」

 「浮き沈みのあるシーズンだった。ピッチ上では良かったからね。重要なゴールをいくつか決められた。今はこの怪我を負ってしまって、ひどい仕打ちだよ」

 「ここ数週間で(怪我を)やってしまったんだ。まだイングランド代表としてワールドカップへ行く可能性があったときにね」

 「これがフットボールだよ。残酷なゲームだ。ほんの数分前にこの決勝で敗れるのを目の当たりにしてね」

 「(決勝では)苦しかったけど必死にプレーしたよ。決勝に出場できるかは紙一重だった。でも重要なトーナメントだからね。シーズン中ずっとそこへ辿り着くために一生懸命やってきたんだ。プレーしたかったんだよ」

 「途中交代することになって残念だったよ。でも足のためにも正しい判断だったよ」

 「今はメディカルチームと全力で取り組んでいくつもりだよ。でも少し軽い手術を受ける必要があるかもしれないみたいだ」

 「2、3日で判断が出るよ。でも手術は1週間後くらいに予定されるよ」と、コメントした。

 高く、強く、巧く、決定力の高い万能型ストライカー。最前線で相手DFを追い回し、絶妙なポストプレーで基点となるなど献身的にチームに貢献。30歳を前についにその輝きをプレミアリーグで放ち始めたボビー・ザモラのプレーは以下をクリックしてご覧ください。

(ウェストハム・ユナイテッド)

(ブライトン全82ゴール)

 Written by Marek


フルハムFCサッカージュエリー今ならポイント最大10倍!◆フルハムFC10...

[サッカーショップ加茂](NIKE)REDキャンペーンプロダクト

|

« ウィガン、クラブ・ブルージュからパラグアイ代表DFアルカラス獲得 | トップページ | マンU、バイエルンFWオリッチがDFヴィディッチを勧誘! »

イングランド代表」カテゴリの記事

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/34745887

この記事へのトラックバック一覧です: フラム、代表召集を断り痛みの中ヨーロッパリーグ決勝を戦ったFWザモラ:

« ウィガン、クラブ・ブルージュからパラグアイ代表DFアルカラス獲得 | トップページ | マンU、バイエルンFWオリッチがDFヴィディッチを勧誘! »